黒幕

黒幕

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

徳川家康のめぐらす謀りごとを実現すべく働き抜いた山口新五郎は、江戸開府後、六十歳を過ぎて初めて女体に接した。そして二度も十代の嫁を娶ることになる、この男の生涯を描いた「黒幕」。夫の仇と襲った相手が従容として、己れの左腕を斬り落とさせる姿に心を打たれ、その男の妻となる戦国の女を描いた「猛婦」。他に「勘兵衛奉公記」「槍の大蔵」など、初収録4編を含む11編を収録。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
410ページ
電子版発売日
2012年10月05日
コンテンツ形式
XMDF

「黒幕」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年02月21日

軽い命と重い命があるようだ。
昔も今も。
本物の夫婦とはどういうものか、なんとなくわかったような。
おもしろい本だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月23日

昭和36年から41年までの間に小説雑誌の御三家といわれた「小説新潮」「オール読物」「小説現代」等に発表された作品が11編収録されている。なかでも、「猛婦」「槍の大蔵」「命の城」「獅子の眠り」は池波さんの得意な真田物。その他も池波さんらしく男と女の描き方が卓越!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月28日

戦国の世を中心とした短編11の作品。女性でありながら戦乱の世で毅然と生き抜く逞しさや強さに感動する「猛婦」、「夫婦の城」が良かった。また、時代背景が違う「開花散髪どころ」では幕末の志士たちの不思議な運命や実直さを感じる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月17日

山中鹿之介 渡辺勘兵衛 福島正則 真田昌幸 真田信幸等 戦国の世と後世とに生き様示す短篇集。池波作品代表格の一である『鬼平犯科帳』が “勧善懲悪” でないのと同様 戦乱の世に 必ずしも勝敗ではなく自己貫徹を第一義とする 氏の人生観が展開される。

個人的には此は継父の遺品で 彼の書架に見つけた時は意...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月11日

なぜか美女が出てこない、美しい顔は男ばかりである。 さんはよく、女は化け物、扱いをするけれど、男の方が社会的害悪が大きいなぁと読みながら思った。最後の「開化-」が生気があってしぶとくたくましく面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!