新装版 忍びの女(上)
  • 値引き

新装版 忍びの女(上)

作者名 :
値引き価格 99円 (90円+税) 7月9日まで
通常価格 715円 (税込)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

豊臣家の猛将・福島正則の前に現れた徳川方の女忍者・小たまは、正則を籠絡し、巧みに城内に入り込んだ。探索をはじめた小たまは、武辺一方の正則を次第に愛しく想うようになる。豊臣秀吉亡き後、諸大名は自らの野望を抱き覇権をめぐる戦いは必至。ついには関ヶ原での天下を分ける決戦へと向かうのだった。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
456ページ
電子版発売日
2011年11月04日
紙の本の発売
2007年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

新装版 忍びの女(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年01月04日

    忍びシリーズ・上下巻
    甲賀女忍びの小たまが主人公
    豊臣家の猛将・福島正則 に視点をあてた内容
    時代は 豊臣から徳川の代に変化する過渡期

    この作品は実は 池波作品の中で最初に読んだ忍びシリーズだったような
    記憶があります^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月30日

    全2巻。
    いちおう福島正則。
    でも時代小説。

    福島正則を探る女忍び。
    でも頭悪くて憎めない福島正則が
    「可愛く」思えてしまい、
    なんとなく気にかけ続ける感じ。

    福島正則って好き。
    腕っ節強くて頭悪い、憎めないザ・戦国武将って感じ。
    けど、こんだけキャラがたってて、知名度が有るのに、
    彼が主役って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    武断派 福島正則のそばに現われては消える女忍び「小たま」の活躍に注目した一冊。

    真田太平記とは違った角度から甲賀忍びを捉えていたのが面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

新装版 忍びの女 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 新装版 忍びの女(上)
    値引き
    豊臣家の猛将・福島正則の前に現れた徳川方の女忍者・小たまは、正則を籠絡し、巧みに城内に入り込んだ。探索をはじめた小たまは、武辺一方の正則を次第に愛しく想うようになる。豊臣秀吉亡き後、諸大名は自らの野望を抱き覇権をめぐる戦いは必至。ついには関ヶ原での天下を分ける決戦へと向かうのだった。
  • 新装版 忍びの女(下)
    伴忍びの万蔵が、裏切りを働いているらしい。女忍者・小たまは、危険を省みず万蔵の元へ飛び込み、敵の正体を見極めようとする。老獪な家康は、真意を隠しながらも天下統一へ1歩ずつ近づいていく。豊臣の臣下として全力を尽くす福島正則だったが……。戦乱の世を駆ける美貌の女忍者の活躍を描く傑作長編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています