川村元気の一覧

「川村元気」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:川村元気(カワムラゲンキ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:映画プロデューサー

上智大学文学部新聞学科卒。2012年初の小説『世界から猫が消えたなら』を執筆。2013年本屋大賞にもノミネートされた。また『ティニー ふうせんいぬのものがたり』、『ムーム』などの絵本も手がける。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年2月号

作品一覧

2020/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 億男
    「宝くじがあたったら、自分ならどうするだろう?」
    そう考えさせられる作品であり、
    「ホントにその使い方でいいの?」と作品を通して問われた。
  • 世界から猫が消えたなら
    186-の母の描写が自分の母と重なって号泣
    198-からの父への描写で号泣

    また読みたい。家族と自分のことを考えてくれる人を大切にしようと思った。大切な人よりも大事なことはない!
  • 四月になれば彼女は
    うわ、すきだな……

    愛の話、かな。
    永遠に誰かを愛し続けることなんてできない。ただ一瞬、心が重なる瞬間があるだけ。でも、一瞬でも重なったなら、そのカケラを拾い集めて、一緒に生きていくことができる。


    追記
    解説が秀逸。
  • 四月になれば彼女は
    この世界に永遠なんてない。常に移ろい行くもので、明日どうなるかなんて誰にもわからない。

    今を精一杯、生きること、明日死ぬとしても悔いはない!と思えるくらい自分の心に対して常に正直に生きていきたいと思った。

    恋の儚さ、人を愛するとは?、なぜ人は結婚するのか?
    誰にとっても身近なものである恋愛である...続きを読む
  • 億男
    宝くじで億万長者になった男の道楽話なんて何が面白いんだ?という先入観があったもののベストセラーだったことに興味を持ち、あくまで気晴らし用にと購入。

    しかし実際に読んでみると主人公に身につまされる思いをしながら読むのをやめられなくなった。

    「お金と幸せの答えを見つける」それが本書のメインテーマであ...続きを読む