四月になれば彼女は
  • ptバック

四月になれば彼女は

作者名 :
通常価格 743円 (676円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

300pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

恋愛なき時代のベストセラー恋愛小説、ついに文庫化!
精神科医・藤代に大学時代の恋人から手紙が――失った恋に翻弄される十二か月。『世界から猫が消えたなら』『億男』著者の恋愛小説。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年07月10日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

四月になれば彼女は のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    うわ、すきだな……

    愛の話、かな。
    永遠に誰かを愛し続けることなんてできない。ただ一瞬、心が重なる瞬間があるだけ。でも、一瞬でも重なったなら、そのカケラを拾い集めて、一緒に生きていくことができる。


    追記
    解説が秀逸。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    この世界に永遠なんてない。常に移ろい行くもので、明日どうなるかなんて誰にもわからない。

    今を精一杯、生きること、明日死ぬとしても悔いはない!と思えるくらい自分の心に対して常に正直に生きていきたいと思った。

    恋の儚さ、人を愛するとは?、なぜ人は結婚するのか?
    誰にとっても身近なものである恋愛である...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月11日

    本を読んで感動する というのは
    こういう事をいうのかもしれない。

    川村さんの本ではいつも気付かされます
    大切なものの存在について
    この本は愛する事を忘れかけた貴方に読んで欲しい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月04日

    悲しくて重くて、いまみたいに明るい気持ちになりたいときに読みたい本じゃない。だけど悔しいことに、自分もフジとハルの気持ちに合わせて気持ちがずっしり重くなって悲しくなるくらい良い小説だった。自分も、気持ちが沈んだときに愛されていることを思い出せるような、2人であの時のこと覚えてる?と話せるような、場所...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    恋とか愛でつながれた関係は変化するのだろうか。それが遠のいたとしたら何でつむがれていたのだろう。

    川村元気作品、はじめて読んだのだけど、美しい短文が織り重なっていて惹き込まれる。

    #四月になれば彼女は #川村元気

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

    なんだろう。
    一言で言うなら不思議な本でした。
    軽いのに重い、みたいな。
    読み終わって結構ずっしりきてます。
    
    全体的に描写がすごく綺麗で(特に手紙の部分)、自然に頭の中に映像として流れてきました。
    まるで映画を観ているみたいに。
    その映像は鮮やかで美しいのに、読み進めるうちにすごく焦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    「愛すること」について書かれた作品。

    個人的には、現代の結婚観について言及したのものあるなと思いながら読んだ。
    人を愛し続けることは難しいし、愛を証明し続けることも難しい。
    人の本能として、たった1人を愛し続けることは難しいことなのかもしれないと思う。
    それでも、結婚や恋愛がここまで流行ってしまう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    200ページくらいまであんまりのめり込めず読むのに時間かかったけど三沢向かう前あたりからは一気に読めた。自分のやりたいことやターニングポイントって何なんだろうって思った。青春でもケンカ系は好きじゃないけど恋愛系は好きだな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    帯にあったみたいに、とっても物騒な物語。だけど、儚さも兼ねつつ美しい物語だなって思った。ラストは、ちょっと意外だった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    ハルから手紙が届いた。
    美しい景色、消えることのない真っ直ぐな想いが丁寧な言葉で綴られていた。

    その想いを藤代と弥生は忘れかけていた。

    恋人同士に限らず、時間が経つにつれ、出会った頃や想い合っていた頃の新鮮な気持ちを人々は忘れてしまう。

    弥生の言葉で
    「私たちは愛することをさぼった。面倒くさが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています