グイン・サーガ1 豹頭の仮面

グイン・サーガ1 豹頭の仮面

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

中原の由緒正しき王国パロは、新興モンゴールの侵略の前に一夜にして滅び去った。王家の血をひくリンダとレムスの双子の姉弟は、ある力によって妖魔の跳梁する辺境の森に逃れた。だが追手の厳しい追及は、たちまち3人を窮地に追い込む。そのとき忽然とあらわれた豹頭人身の怪人・グインが二人を救い出すのだった! 壮大な構想のもとに繰り広げられる絢爛たるドラマの開幕!(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年08月19日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年01月30日

    先日亡くなられた栗本薫氏の超有名シリーズ「グイン・サーガ」の第1巻です。
    既に出版されているのは正伝129巻・外伝21巻で未完に終わった大シリーズの第1巻で、1979年に出版されましたが、後に1983年に改訂されました。
    物語はモンゴールに攻め落とされ、父王夫妻を殺害された世継ぎの双生児レムスと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月20日

    本をここまで読むきっかけになったのは、中学校3年の時に行ったスキー旅行。友達から言われた「たまにはお前も本読めよ」という言葉でした。その時に富山の本屋さんで見かけたグインサーガという本。実はファミコン通信、通商ファミ通の広告にグインサーガの31巻の広告がついていたのでした。なじみ深いファイナルファン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月02日

    再読。
    グイン・サーガの中で間違いなく一番読んだ回数が多い1巻(笑)。初めて読んだ頃は『光の公女』まで刊行されていて、それこそ寝る間も惜しんで一気に読みました。やっぱり当初の方がファンタジーらしいですね。
    突然現れた訳ありな高貴な双子、豹頭の謎の男、そしてどんな生物がいるのか人も入りたがらない辺境の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月04日

    高校生の頃に読み始めて、読書する楽しさを教えてくれた記念碑となる自分にとってあまりに偉大な作品です。その頃第50巻刊行記念フェアをやっていて、最新刊に追いついたころには確か第75巻くらいだったと思います。読んでも読んでも続きがあるという幸せが、やがて100巻を超えたあたりから、再びグインが記憶喪失に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月30日

    私が言っても何の説得力もないでしょーが、
    これでもこれまで数え切れないほどの本や映画をみてきた。

    栗本薫は日本で一番文章がうまい作家であり、
    グイン・サーガは世界最高の物語であると断言する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月25日

    中学から読み始め、留学時代にも、新刊が出るたび書店アルバイトだった妹に懇願して送ってもらったグインサーガ。途中の展開の遅さや、文体のくどさに辟易したこともあったけど、やはり自分の読書歴の中で捨てられない作品。未完のままで置いてほしいのか、他の作家でもいいから完結させてほしいのかすら、まだ判断がつかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月17日

    ついにアニメ化されたグイン・サーガを、今しがた見終わったばかりです。

    1979年に、この第一巻『豹頭の仮面』が出てから、30年を経ての満を持した初めてのアニメ化ということで、ドキドキ期待して見ましたが、残念ながら、それほど、感心した出来栄えではありませんでした。

    あまりにも、子ども向けすぎるので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月06日

    誰がなんと言おうと、稀有で壮大なファンタジーの幕明けです。
    著者の不幸によって、もう物語は幕を下ろす事すら出来なくなった。
    今は外伝として他の作家さんが新たな物語を紡ぎ始めておられますが、いつの日か、本編の続きをどなたかが引き継いでくれる事を願うばかりです。

    本作を含む辺境編は、特に濃厚なヒロイッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月25日

    本屋で見たときすでに19巻(+外伝4巻)まで出ていて、3週間で正伝19巻全部呼んでしまいました。この本がファンタジーの面白さを教えてくれ、ファンタジーを読み始めた自分の読書史の中での記念的な作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月23日

    私のシリーズ物好きはここから始まったと言っても過言ではありません!
    大好きだし、尊敬しております。
    読んだのは確か中学二年生の時…
    リンダもレムスも可愛かった。グインさんは変わらないね。
    完結が見たかったです。とっても残念。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~146巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 146件
  • グイン・サーガ1 豹頭の仮面
    中原の由緒正しき王国パロは、新興モンゴールの侵略の前に一夜にして滅び去った。王家の血をひくリンダとレムスの双子の姉弟は、ある力によって妖魔の跳梁する辺境の森に逃れた。だが追手の厳しい追及は、たちまち3人を窮地に追い込む。そのとき忽然とあらわれた豹頭人身の怪人・グインが二人を救い出すのだった! 壮大な構想のもとに繰り広げられる絢爛たるドラマの開幕!(※電子書籍版には口絵・挿絵が...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ2 荒野の戦士
    新興モンゴールの手でパロの王国は滅び去った。からくも辺境に落ちのびた王族、リンダとレムスの姉弟は、そこでグインと名乗る記憶を失くした豹頭の超戦士に助けられた。しかしその彼らもついに捕らわれ、辺境の砦に連行されてしまう……。未曾有の大シリーズ第2弾。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ3 ノスフェラスの戦い
    パロ王国の正統なる血をひく双生児リンダとレムスは、モンゴール軍に追われて妖魔の支配するノスフェラスの地へと逃れた。2人と行を共にするのは、豹頭の超戦士グインと傭兵イシュトバーン、そして蛮族セムの娘・スニ。彼らはセムの力を借りて、追っ手の小部隊を蹴散らしたが……。人外魔境に展開するシリーズ第3弾。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ4 ラゴンの虜囚
    パロ王国の遺児リンダとレムスを守りつつ、豹頭の戦士グインは蛮族セムを率いてモンゴール軍に立ち向かう。グインの巧妙な作戦によって一時は優位となるも、圧倒的な軍事力に形成は次第に不利に……。全100巻を超える未曾有の大河ロマン、辺境篇第4弾。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ5 辺境の王者
    辺境ノスフェラスの地で、パロの王族リンダとレムスを守りつつ、蛮族セムを率いて戦う豹頭の戦士グイン。だが、対するモンゴール軍はグインの知略をつくした戦術にも関わらず、次第に底力を発揮していく。形成不利と見たグインは、幻の巨人族ラゴンの援助を求めて単身人跡未踏の地へと旅立つが……。第1部辺境篇、ついに白熱の完結。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ6 アルゴスの黒太子
    パロの王国はモンゴールの侵略にもろくも敗れた、そして王家の遺児リンダとレムスは、人外魔境に取り残された。しかし彼らはそこで豹頭の戦士グインに出会い、彼の庇護によって辺境の地を脱する。一方パロを占領し、さらに全中原に覇をとなえんとするモンゴール。平和な国パロを襲った過酷な運命はやがて中原の国々を次々とまきこんでいくのだった……。第6弾。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されており...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ7 望郷の聖双生児
    豹頭の超戦士グインは、パロ王国の遺児リンダとレムスを守りつつ、故郷パロへの帰還の旅にあった。一方、パロへの陰謀をすすめるモンゴールは、首都クリスタルで王位継承権を持つアルド・ナリス公爵を捕らえ、自国の公女アムネリスの婿にしようともくろむ。一方草原の王国アルゴスの黒太子スカールもまた、パロ再興への行動を開始するが……。第7弾。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ8 クリスタルの陰謀
    友邦アルゴスをめざして海賊船に乗り組み、レントの海に船出したグイン、リンダ、レムス、イシュトバーン、それにセム族の娘スニ。だが、海賊どものために窮地に陥ったばかりか、突如まきおこる嵐にグインは大暴風雨の海に投げ出された。一方ベック公と黒太子スカールはパロへ向けてついに進撃を開始したが……。第8弾。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ9 紅蓮の島
    中原の華と謳われるパロを攻略し、あまつさえ王位継承権を持つアルド・ナリスと公女アムネリスを結婚させようともくろむモンゴール。しかしこの奸計は、都トーラスにいるミアイル公子の身に起きたある事件によって、重大な局面を迎えつつあった。一方パロへの帰還の途中、やむなく海上を漂流するグイン一行は、ようやくある孤島にたどり着くことができた。だがその島は……。第9弾。(※電子書籍版には口絵・...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グイン・サーガ10 死の婚礼
    パロを征服したモンゴールは、絶えず悪夢に脅かされていた。大公の娘アムネリスが、パロの王位継承者アルド・ナリスとの婚礼を間近にひかえたそのときに、ミアイル公子が暗殺されたのだ。そしてクリスタルの都で行われようとしている婚礼にも、陰謀の影が忍びより……。全中原をゆるがす戦乱の渦がその姿を現す第二部陰謀篇ここに完結!第10弾。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています