多崎礼の一覧

「多崎礼」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:多崎礼(タサキレイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:2月20日
  • 職業:作家

『煌夜祭』がC★NOVELS大賞を受賞。『〈本の姫〉は謳う』や『夢の上』などの作品を手がける。

作品一覧

2020/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 煌夜祭
    数年前に読んだけど、感動したことしか覚えてなかったので再読。初めて読むような気持ちでまた感動した(笑)

    語り部、十八の島、人々の生活、戦争。
    壮大ですごい伏線が多い。一つ一つが繋がっていくのが凄く気持ちいい。
  • 煌夜祭
     スタープレイヤー、旅のラゴスと読んで、まだまだファンタジー作品が読みたくて、以前から気になっていた本書を購入。

     カタカナの固有名詞を覚えるのが苦手なので何度もページを戻り苦戦したが、それを帳消しにするくらい面白かった。幼少の頃の名前、大人になってつけられた名前、語り部としての名前、十八もある諸...続きを読む
  • 叡智の図書館と十の謎
    13:あーめちゃくちゃ面白かった……。趣味嗜好がどこからかだだ漏れてるのでは?ってくらいツボでした。
    これから書きたいモチーフがいくつか登場してンンッてなりつつも、幸せな気持ちで本を閉じることができました。知識は、情報は、人を幸福に導くだろうか。
  • 血と霧 1
    ーー血に支配される国で、血に染まらぬものを探しつづける男。ーー
    作中にずっと流れる鬱々とした灰色の雰囲気と、その中でキャラクターが時折チリチリと光るように生きているのがとても素敵な物語だった。血の三属性については、把握できるか不安もあったけれども自然と馴染むし、ブラッド〇〇がこうだからこうなるぞ、と...続きを読む
  • 煌夜祭
    面白かった!
    もう一回最初から読みたいと、読み終えすぐに思わせる。
    読んでる最中もぐいぐい本の世界へ引っ張られた。
    なんかお伽話を聴いてる気分だった。
    ファンタジーなんだけど、哲学的だ。