煌夜祭

煌夜祭

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

生物も住めぬ死の海に浮かぶ十八諸島。〈語り部〉たちが島々を巡り集めた物語を語り明かすため、年に一度、冬至の晩に開かれる煌夜祭(こうやさい)。今年もまた、〈語り部〉が語り始める。人を喰らう恐ろしくも美しい魔物の物語を。夜が更けるにつれ、物語は秘められた闇へ……。第2回C★NOVELS大賞受賞作に書き下ろし短篇「遍歴(ピルグリム)」を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
303ページ
電子版発売日
2013年06月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

酸の海に浮かぶ十八の島。その一つの島で語り部たちが魔物の物語を語り明かす煌夜祭が開かれます。ストーリーは彼らによる語りで進みますが、その一つ一つが胸の奥にジンとくる魅力があり、どんどんのめり込んでしまいます。話が進むにつれ全てのエピソードが見事に繋がっていくなど、構成力が抜群にうまい!人を食う業を負った魔物の苦悩、それを取り巻く人々の悲劇、そして葛藤しながらも懸命に進み続け、その先に待つ救い…。読了後、思わず目を閉じ、しばし余韻に浸ってしまいました。著者の他の作品も読んでみたいと感じる人は私も含め少なくないはずです。この本と出会えた偶然と生みの親である著者に感謝します!
本作には書き下ろし短編も収録。過去に読んだ事がある方にもぜひ読んでいただきたいです。別途配信中の外伝『煌夜祭前夜』もおすすめです。ぜひぜひ煌夜祭へのご参加を!
追伸:著者あとがきには個人的に非常に力づけられました。ありがとうございます!

    Posted by ブクログ 2018年10月16日

    面白かった!
    もう一回最初から読みたいと、読み終えすぐに思わせる。
    読んでる最中もぐいぐい本の世界へ引っ張られた。
    なんかお伽話を聴いてる気分だった。
    ファンタジーなんだけど、哲学的だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月13日

    すごくすごくすごく面白かった!最後まで読み進めて、うほ!なるほど!この人が!あのときの!!と楽しみつつ、ラストはとにかく愛に溢れている。
    人間の方がよほど魔物だよなぁ。これは究極のラブストーリーだと思う。
    この先なんどもなんども読み返すだろうな。
    あと、このカバーイラストが!素敵すぎる!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月08日

    読み終えた時、ドキドキが止まらなかった。
    話が進んでいくにつれて、ページをめくる手が止まらなくて一気読み。
    途中で切なくて泣きそうになったり、込み上げてくるものがあったりと、読んで本当に良かったと思える作品でした。
    時間が経ったらもう一度読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月10日

    談話室で紹介していただいた作品。
    冬至の夜、語り部たちがつむぐ物語たち。
    一つ一つが独立した話かと思いきや、進む度に繋がりが明らかになっていきます。
    先が気になって気になって一気読みしてしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    あらすじから内容が想像できなくてずっと気になっていた本。
    語り部たちの話の行き着く先が何なのか、途中からはやる気持ちを抑えられなくなってきて一気読み。
    とてもよかった。後半は何度も胸がつまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月17日

    書き下ろし短編読み終えました。
    暖かい。
    良い書き下ろしでした。
    語り手がくるくる変わる様が面白いしなんだか泣ける。
    まさかノベルス版のあとがきも入っているとは思わず、とても嬉しい誤算でした。このあとがきが一番好きだったので。でもノベルス版も取っておくと思います。大好きです。

    酸の海や、毒を吸うキ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月05日

    非常に良質なファンタジー。

    練りこまれたファンタジー世界の構築と
    魅力あるキャラクターの造形が
    ファンタジー作品のキモになると思うけど
    どちらも高い水準でまとまっている。

    物語の構成が光る作品で、語り部と呼ばれる
    物語の語り手2人が交互に語る物語を読むうちに
    世界観の把握と人物知識が自然に頭に入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月16日

    ノベルス版も持ってますが、書き下ろしの「遍歴」がどうしても読みたくて購入。

    本編のラストだけでも感慨深いのに、遍歴が加わることで、最後にもう一つ優しい幸せを味わうことができました。
    読んで良かった!既にノベルスを読んでいる方にも、お勧めしたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月19日

    始まり方からして、ショートストーリーが続くのかなと思ったけど、一つのキーワードに沿ってそれぞれがリンクしていって・・・

    サクッと面白く読める1冊です^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月15日

    今までに読んだファンタジー作品の中で、
    個人的には5本の指に入るくらい大好きな作品です(*^_^*)

    文庫化にあたって書き下ろし短編が収録されているとのことで、
    今回も迷わず購入しちゃいました!!

    は~本当に素敵な本だ。改めて感じました。
    これがデビュー作とは信じられない完成度です。

    冬至の夜...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています