「篠原悠希」おすすめ作品一覧

「篠原悠希」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/22更新

ユーザーレビュー

  • 幻宮は漠野に誘う 金椛国春秋
    後宮を無事に抜け出した遊圭だったはずなのに、あれっ?!またっ?!なんで?!

    という疑問から物語は始まります。

    遊圭がますます腹黒k……いえ、賢く機知に長けた少年に成長する様が心地よい話でした。
    前巻で出家した麗華が、新しい土地で新たな人生を歩んでいきます。
    彼女の未来が、光に満ちた前途あるものに...続きを読む
  • 後宮に日輪は蝕す 金椛国春秋
    後宮編、完結。

    女装にも限度ってモンがあるでしょうよ、とこちらがハラハラし通しでしたが、なんとかなりました。

    女官も医学生に。ゆくゆくは女医を。
    遊圭が放った石は、かなり大きな波紋を広げます。
    この1冊で3冊にわたった外戚族滅法の廃止を完結させるためとはいえ、少しだけ性急さが垣間見えるのは仕方な...続きを読む
  • 後宮に月は満ちる 金椛国春秋
    さて、後宮に身を潜めて一年が過ぎた遊圭たち。いつ本当の性別が露見してしまうのか、こっちはハラハラし通しです。事はうまく運ぶ、そう信じたいので信じていますが、いかんせん心臓に悪い。
    それでもわたしは全力で遊圭と明々、それから胡娘のことを応援していますよ!!

    間に違う後宮ものを読んでしまったため、情報...続きを読む
  • 後宮に星は宿る 金椛国春秋
    久しぶりの書店パトロールで出会った1冊。
    装丁の雰囲気が好きでほぼジャケ買いだけど、こちらでの評価が高かったこと、帯の「中華ファンタジー」の文字が購入の決め手です。最近ようやく、自分がアジアンファンタジーを好きだと気づいたもので。

    さて、物語の舞台・金椛国では、皇后の外戚は政治を腐らせるとして、老...続きを読む
  • 後宮に日輪は蝕す 金椛国春秋
    2018/07/13。
    はあ、ほんと面白かった。
    春先にハマった本が続きが気になるまま待ち状態に入ってしまい、もうまた本はいいかなぁなんて思っていたけど。
    いやいややはり物語っていうのはなんて素晴らしいのでしょう。

    架空の王朝の後宮が舞台だけど、現代にも通ずるものがあるなあと。
    寓意に満ちていて、...続きを読む