「篠原悠希」おすすめ作品一覧

「篠原悠希」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/22更新

ユーザーレビュー

  • 後宮に星は宿る 金椛国春秋
    幾通りもの読み方ができる本、というのが第一印象。中国の後宮制度、文化、制度にはじまり、人物の機微に寄り添うこともできる。読んでいて目を離すのが勿体なかった。
    要所要所に出てくるもふもふからも目を離せない。

    次巻を読むのがとても楽しみな1冊。
  • 青春は探花を志す 金椛国春秋
    えッート、1周回ってふりだしへ戻ると、された感が強い。
    官吏登用の為の国士太学で不正を見つけ、正そうと奔走するも道半ばで、あとは、時間に任せに 初めてできた友は取りこぼしそうになり、挙句自分が流罪で、また楼門関へ流されます。
    身も蓋もない話のようだけど、しっかり、明明に告ってましたし、玄月さんの国士...続きを読む
  • 青春は探花を志す 金椛国春秋
    前巻であっさりと解決した…と思ったらそんな訳はなかった。
    西側の状況がわからず、麗華公主も消息不明。

    そんな中、遊圭はやっと学生になるけれども不正を知ってしまい…

    これからどうなるか目が離せない、そんな面白いシリーズになっています!
    次巻が待ち遠しい!

    明明との仲も進展するか…!?
  • 幻宮は漠野に誘う 金椛国春秋
    後宮を無事に抜け出した遊圭だったはずなのに、あれっ?!またっ?!なんで?!

    という疑問から物語は始まります。

    遊圭がますます腹黒k……いえ、賢く機知に長けた少年に成長する様が心地よい話でした。
    前巻で出家した麗華が、新しい土地で新たな人生を歩んでいきます。
    彼女の未来が、光に満ちた前途あるものに...続きを読む
  • 後宮に日輪は蝕す 金椛国春秋
    後宮編、完結。

    女装にも限度ってモンがあるでしょうよ、とこちらがハラハラし通しでしたが、なんとかなりました。

    女官も医学生に。ゆくゆくは女医を。
    遊圭が放った石は、かなり大きな波紋を広げます。
    この1冊で3冊にわたった外戚族滅法の廃止を完結させるためとはいえ、少しだけ性急さが垣間見えるのは仕方な...続きを読む