親王殿下のパティシエール

親王殿下のパティシエール

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

華人移民を母に持つフランス生まれのマリー・趙は、ひょんなことから清の皇帝・乾隆帝の第十七皇子・愛新覚羅永璘お抱えの糕點厨師(ガオディアンチューシー)見習いとして北京で働くことに。男性厨師ばかりの清の御膳房で、〝瑪麗〟は皇子を取り巻く家庭や宮廷の駆け引きの中、パティシエールとして独り立ちできるのか!? 華やかな宮廷文化と満漢の美食が繰り広げる、中華ロマン物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
角川春樹事務所
掲載誌・レーベル
ハルキ文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2020年05月15日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

親王殿下のパティシエール のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年04月07日

    安定の篠原悠希さんでした。

    移民華人の母を持つフランス人のマリーは市民革命を逃れ、ひょんなことから知り合った清国の十七皇子に守られるように清国へと亡命します。
    いくら十七番目といえど皇族なので多忙を極めるリンロン(皇子の愛称です。本名はちょっと忘れた)は、マリーを自宅の厨房に放り出すようにして、皇...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    読みたいと思っている『金椛国春秋』の作者さんのお話だったので、とりあえず1巻だけ購入。表紙がとってもキュートだし、何より女性の菓子職人をちゃんとパティシエールと説明していてかなり好感度高し、でした(女性でもパティシエと表現する作品が多いため。N○Kの「○れ」とかね)。

    永璘の母ってあの瓔珞だよね?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    楽しめた。
    一巻目ということで周りの人のことを押さえつつの物語展開。

    続きも楽しみ。

    2021.8.12
    98

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    異国で道具も材料も揃わないまま作れるお菓子に挑戦しているマリーを応援しつつ読んでいました。
    続きがありそうな感じなので読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    第一話 王妃の指輪
    第二話 砂糖菓子の踊り子
    第三話 永璘皇子の帰還

    清王国皇子の家の男性ばかりの厨房でパティシエールを目指すフランス生まれのマリー。文化の違い、言葉の違いを乗り越えて元気にやっていけるのか、親の目線になってしまう。

    ルビがひらがなとカタカナがあって、?? と思いなが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

    華人移民の母を持つフランス生まれのパティシエール見習いが、清王朝の皇子に北京に連れ帰られて働くことから始まる物語。
    1巻目だからか、世界観の構築と登場人物の紹介がメイン。中華ロマン物語と紹介があるけど、女性が自分の腕だけで出世していくのか、皇子とのロマンスとなるのかはまだ不明。
    ちょっと続きが気にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    何の情報もなく読み始めたので、清王朝の時代の話と知ってビックリ。金椛国春秋シリーズみたいなのかと思ってました…

    華人移民の母とフランス人の父を持つフランス生まれのマリー・趙は、清王朝の皇子・愛新覚羅永璘のお抱えパティシエールとして北京で働くことに。厨房には男性シェフばかり…
    マリーはハーフといって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    積読しているうちに続きが出版されてしまった…。
    些細な事にも文化の衝突があるのがリアル。漢民族の名前は難しいなー。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月14日

    革命で家族、婚約者、国を失ったマリー。
    彼女のパティシェールの才能を買ってくれた清国の王子と共に中国へ。

    そこで彼女は自分の才能を開花させてゆく。
    お仕事小説とロマンスを合わせたお話ですね。
    中華菓子が苦手なので、ガレットやクッキーをバター意外と言うのが、想像しにくいかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    フランス人の父と中華の母を持つ菓子職人見習いのマリーは、革命で家族や職場を失い外遊に出ていた清国の皇子に保護されて清国へ渡る。

    価値観や常識が違うのは承知しているが、西洋人の図々しさと傲慢さが苦手なのでどうしてもマリーに感情移入できなかった。
    フランスにいた時でもホテルの従業員と客なのだから、あん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

親王殿下のパティシエール のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 親王殿下のパティシエール
    華人移民を母に持つフランス生まれのマリー・趙は、ひょんなことから清の皇帝・乾隆帝の第十七皇子・愛新覚羅永璘お抱えの糕點厨師(ガオディアンチューシー)見習いとして北京で働くことに。男性厨師ばかりの清の御膳房で、〝瑪麗〟は皇子を取り巻く家庭や宮廷の駆け引きの中、パティシエールとして独り立ちできるのか!? 華やかな宮廷文化と満漢の美食が繰り広げる、中華ロマン物語。
  • 親王殿下のパティシエール(2) 最強の皇女
    清の皇帝・乾隆帝(けんりゅうてい)の第十七皇子・愛新覚羅永璘(あいしんかくらえいりん)お抱えの糕點厨師(パティシエール)見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。だが、永璘の意向で増えることになった新しい厨師たちは女性が厨房にいることに懐疑的。マリーは彼らを認めさせることができるのか⁉ 春節用お菓子作りに料理競技会、はたまたバレンタインまで! 行事目白押し、そして強烈キャラ登場の、中華美食浪漫第二弾。
  • 親王殿下のパティシエール(3) 紫禁城のフランス人
    <お妃さま方、素敵な異国のお菓子をどうぞ> 大清帝国第十七皇子・愛新覚羅永璘(あいしんかくらえいりん)お抱えの糕點師(パティシエール)見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。だが、男ばかりの厨房で疎まれ、マリーはひとり別の場所でお菓子修業をすることに。それでも清の料理を学び、腕を上げたいマリーは、厨房に戻るべく、お妃様から認めてもらうため紫禁城へ! 更に主人・永璘の秘密も明らかになってきて……。クロワッサンにマカロン、お菓子の家まで⁉ 豪華絢爛、美食礼賛の第三弾!
  • 親王殿下のパティシエール(4) 慶貝勒府の満漢全席
    清の第十七皇子愛新覚羅永璘(あいしんかくらえいりん)お抱えのパティシエール見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。謹慎も解かれ、新しい厨房で中華菓子を学び、宣教師から絵画を習ってお菓子作りに生かしていこうと思いきや──。永璘の意向で新たに江南の厨師が雇われ、更に食通の間で信望される超有名詩人・袁枚が西洋の菓子を所望して、慶貝勒府は大賑わい。そしてうら若き〝親王〟まで!? 清と法国(フランス)、スイーツのマリアージュを、お楽しみあれ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ハルキ文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング