親王殿下のパティシエール(4) 慶貝勒府の満漢全席
  • 最新刊

親王殿下のパティシエール(4) 慶貝勒府の満漢全席

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

清の第十七皇子愛新覚羅永璘(あいしんかくらえいりん)お抱えのパティシエール見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。謹慎も解かれ、新しい厨房で中華菓子を学び、宣教師から絵画を習ってお菓子作りに生かしていこうと思いきや──。永璘の意向で新たに江南の厨師が雇われ、更に食通の間で信望される超有名詩人・袁枚が西洋の菓子を所望して、慶貝勒府は大賑わい。そしてうら若き〝親王〟まで!? 清と法国(フランス)、スイーツのマリアージュを、お楽しみあれ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
角川春樹事務所
掲載誌・レーベル
ハルキ文庫
ページ数
253ページ
電子版発売日
2021年10月15日
紙の本の発売
2021年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

親王殿下のパティシエール(4) 慶貝勒府の満漢全席 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月04日

    新しいキャラ増えてきた。
    マリーの世界も少しずつ広がる。その広がり方が好ましい

    2021.9.4
    122

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月01日

    第一話 最後の西洋人宮廷画師 第二話 放蕩の詩人
    第三話 新膳房と満漢の宴

    今日もマリーは叱られながら楽しんでいる。辛くても前を向いて歩いている。おいしいお菓子をありがとう♪

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    新しい職人が大量に入って混乱気味の厨房。

    そんな時に著名な詩人であり食通の人物を受け入れることになり、マリーも自信作を出すのですが……。

    食べるものって難しいですよね。食べる時の状況や体調で美味しいものも不味くなるし(−_−;)

    めげずに頑張れ、マリー! と応援したくなる今巻でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年07月03日

    清国の中でも北と南の軋轢、城内と城外の違いや社会の雰囲気がより広く感じられて面白かった。
    マリーは天才でもなければ学問に通じている訳ではない。
    当時のフランス庶民の教育を受け、価値観の中で過ごしてきた。
    女子として普通の教育よりかは菓子職人に必要な文字や計算を覚えただけだ。
    育った環境の価値観はアイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

親王殿下のパティシエール のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 親王殿下のパティシエール
    華人移民を母に持つフランス生まれのマリー・趙は、ひょんなことから清の皇帝・乾隆帝の第十七皇子・愛新覚羅永璘お抱えの糕點厨師(ガオディアンチューシー)見習いとして北京で働くことに。男性厨師ばかりの清の御膳房で、〝瑪麗〟は皇子を取り巻く家庭や宮廷の駆け引きの中、パティシエールとして独り立ちできるのか!? 華やかな宮廷文化と満漢の美食が繰り広げる、中華ロマン物語。
  • 親王殿下のパティシエール(2) 最強の皇女
    清の皇帝・乾隆帝(けんりゅうてい)の第十七皇子・愛新覚羅永璘(あいしんかくらえいりん)お抱えの糕點厨師(パティシエール)見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。だが、永璘の意向で増えることになった新しい厨師たちは女性が厨房にいることに懐疑的。マリーは彼らを認めさせることができるのか⁉ 春節用お菓子作りに料理競技会、はたまたバレンタインまで! 行事目白押し、そして強烈キャラ登場の、中華美食浪漫第二弾。
  • 親王殿下のパティシエール(3) 紫禁城のフランス人
    <お妃さま方、素敵な異国のお菓子をどうぞ> 大清帝国第十七皇子・愛新覚羅永璘(あいしんかくらえいりん)お抱えの糕點師(パティシエール)見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。だが、男ばかりの厨房で疎まれ、マリーはひとり別の場所でお菓子修業をすることに。それでも清の料理を学び、腕を上げたいマリーは、厨房に戻るべく、お妃様から認めてもらうため紫禁城へ! 更に主人・永璘の秘密も明らかになってきて……。クロワッサンにマカロン、お菓子の家まで⁉ 豪華絢爛、美食礼賛の第三弾!
  • 親王殿下のパティシエール(4) 慶貝勒府の満漢全席
    清の第十七皇子愛新覚羅永璘(あいしんかくらえいりん)お抱えのパティシエール見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。謹慎も解かれ、新しい厨房で中華菓子を学び、宣教師から絵画を習ってお菓子作りに生かしていこうと思いきや──。永璘の意向で新たに江南の厨師が雇われ、更に食通の間で信望される超有名詩人・袁枚が西洋の菓子を所望して、慶貝勒府は大賑わい。そしてうら若き〝親王〟まで!? 清と法国(フランス)、スイーツのマリアージュを、お楽しみあれ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ハルキ文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング