後宮に星は宿る 金椛国春秋

後宮に星は宿る 金椛国春秋

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大陸の強国、金椛(ジンファ)帝国。貴族である星家の公子、遊圭は、ひとり闇夜を逃げ惑っていた。皇帝が崩御し、叔母が皇后に選ばれ……。「天皇に外戚なし」の法のもとに、星家は一族すべて殉死を命じられたのだ。一家の療母(薬師)、胡娘(コジョウ)の助けにより、一人逃げ延びた遊圭は、町娘の明々に出会う。明々はかつて遊圭に救ってもらったことを恩に感じており、遊圭を匿ってくれた。その矢先、明々の後宮への出仕が決まる。再びの絶望的状況に、明々はからりと言う。「あんたも、一緒に来るといいのよ」――かくして、小柄で女子にも見える体躯を生かし、少年・遊圭は後宮へ出仕することに。しかし美貌の宦官・玄月に正体を疑われ……。つぎつぎと襲いかかる試練に、対抗できるのは己の知恵と仲間だけ。理不尽すぎる世の中で、少年は生き抜くことができるのか。傑作中華風ファンタジー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年12月22日
紙の本の発売
2016年12月
サイズ(目安)
1MB

後宮に星は宿る 金椛国春秋 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月13日

    幾通りもの読み方ができる本、というのが第一印象。中国の後宮制度、文化、制度にはじまり、人物の機微に寄り添うこともできる。読んでいて目を離すのが勿体なかった。
    要所要所に出てくるもふもふからも目を離せない。

    次巻を読むのがとても楽しみな1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月07日

    久しぶりの書店パトロールで出会った1冊。
    装丁の雰囲気が好きでほぼジャケ買いだけど、こちらでの評価が高かったこと、帯の「中華ファンタジー」の文字が購入の決め手です。最近ようやく、自分がアジアンファンタジーを好きだと気づいたもので。

    さて、物語の舞台・金椛国では、皇后の外戚は政治を腐らせるとして、老...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月07日

    中華風ファンタジー。まだまだ序章のよう。これから後宮で何が起こっていくのか楽しみだ。
    2018/1/7

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    男子の中に女子が〜よりも見た目を装うのが大変そうだなと考えながら読み始めました。
    自分の知恵と他人への思いやりで生き延びていこうとする姿が印象的でした。
    個人的には玄月が好みだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月07日

    「後宮小説」を何度も読んだ私は絶対好きなお話。
    知恵で生き抜く活路を見出すストーリーは好き。続きが楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    中国の後宮設定は多いが、命からがら逃げたおぼっちゃまが主人公っていうのは珍しい。
    その設定が故に最初はなかなか読み進められなかったが後半ぐっと入り込めた。

    2020.1.1
    1

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    同じものに対して複数の読みがあったりちょっと混乱はしたけれど、面白い。
    はなしは次々読めるので、中華風ファンタジーが好きなひとにはおすすめかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月17日

    中華風ファンタジー。前々からおすすめされていたシリーズ。金椛国では皇后に選ばれると、その一族が族滅になるという法律のある国。まあ、中華らしいといえばらしいが、皇后を排出した一族は要職につけない法とかでも良さそうなものを、族滅ってなぁ。ともかく、族滅指定の星一族の病弱な息子がうまく逃れて、女官に化けて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月03日

    ライトノベル的でありがなら重厚な歴史ファンタジーで楽しめました。中国(漢)を彷彿とさせる金椛国で、一族滅亡から難を逃れた病弱な少年星遊圭が後宮に紛れ込み、内部で起こる様々な出来事を解決しながら成長していく物語です。謀略渦巻く伏魔殿で、貴族のボンボンとして育った遊圭が次第に男らしく逞しくなっていく姿が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月10日

    ファンタジーフェアのオススメで上がっていた本。あらすじを読んで面白そうだなと思い購入。
    中華ファンタジーだけに漢字が多く、しかも見慣れない、読み慣れない漢字だらけでちょっと苦戦…でもそれ以外を除けばなかなか先が気になる。
    皇后の叔母以外身内を殺されてしまった主人公の
    遊圭。女装して後宮に忍び込んでい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

金椛国春秋 のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 後宮に星は宿る 金椛国春秋
    大陸の強国、金椛(ジンファ)帝国。貴族である星家の公子、遊圭は、ひとり闇夜を逃げ惑っていた。皇帝が崩御し、叔母が皇后に選ばれ……。「天皇に外戚なし」の法のもとに、星家は一族すべて殉死を命じられたのだ。一家の療母(薬師)、胡娘(コジョウ)の助けにより、一人逃げ延びた遊圭は、町娘の明々に出会う。明々はかつて遊圭に救ってもらったことを恩に感じており、遊圭を匿ってくれた。その矢先、明...
  • 後宮に月は満ちる 金椛国春秋
    大陸の強国、金椛国。 皇帝の代替わりに際し、一族郎党殉死という悲劇となった名門・星家の御曹司、遊圭は、 町娘の明々の救いにより、女と偽り後宮で女官として務めることに。 家事働きは全くできず、「使えない」という烙印を押された遊圭だったが、叩き込まれた教養と、生来の虚弱体質のため身についた薬膳の知識によって、 次第に後宮で必要とされる存在に。 美貌の宦官・玄月に正体を疑われつつも、「...
  • 後宮に日輪は蝕す 金椛国春秋
    皇太后の陰謀を食い止めた功績を買われ、女装で後宮潜入中の少年・遊圭は、皇帝のお妃候補に選ばれることに。それは無理!と焦る遊圭だが、滞在中の養生院で、原因不明の火事に巻き込まれ……。
  • 幻宮は漠野に誘う 金椛国春秋
    星遊圭は、先帝崩御の際、「外戚族滅法」によって殉死させられた名門一族の生き残り。 女装で後宮を生き延びた彼は、知恵と機転で法を廃止させ、 晴れて男子として生きることに。 ……のはずが、政略結婚のため遠国へ輿入れする公主・麗華の近侍女官として、 ともに旅立つこととなる。 しかし異国の宮廷に潜入した彼の真の任務は、 金椛帝室を救うため、失われた日蝕の周期表「天官書」を探すことで……!? 傑作...
  • 青春は探花を志す 金椛国春秋
    現皇帝の甥として、平穏な日常を取り戻した遊圭。しかしほのかに想いを寄せる明々が、国士太学に通う御曹司に嫌がらせを受けていると知り、彼と同等の立場になるため、難関試験の突破を目指すが…。
  • 湖宮は黄砂に微睡む 金椛国春秋
    罪を犯した友人を救おうとした咎で、辺境の地に飛ばされた遊圭。先輩役人たちの嫌がらせにも負けず頑張るけれど、帰還した兵士から、公女の麗華が死の砂漠にある伝説の村に逃げ延びたらしいと聞き……。
  • 妖星は闇に瞬く 金椛国春秋
    死の砂漠から金椛帝都への帰路で、 仲間の裏切りにあい、新興の戴雲国に囚われてしまった星遊圭(せい ゆうけい)。 命の危機を脱し、王都へ戻る方法を探すが、言葉も通じず四苦八苦。 しかし少年王の教育係となり、母妃の奇病を治したことで道が開ける。 ところが金椛国と敵対する大国・朔露の使者が、 戴雲国に味方につけと迫ってきて事態は一変。 一方、辺境の地で役人を務める宦官の玄月にも不穏な気配...
  • 鳳は北天に舞う 金椛国春秋
    隣国の脅威が迫る中、王都へ帰還した遊圭。婚約者の明々との再会も果たし、いよいよ祝言か……と思いきや、王宮で発生したとんでもない事態にまきこまれ……。
  • 臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋
    敵地に乗り込んでの人質奪還作戦が成功したのも束の間、負傷した玄月は敵方に残り消息を絶ってしまう。彼を探し出すため、遊圭は敵陣に潜入することに。そんな中、あの人物がついにある決断を……!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています