臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋

臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

敵地に乗り込んでの人質奪還作戦が成功したのも束の間、負傷した玄月は敵方に残り消息を絶ってしまう。彼を探し出すため、遊圭は敵陣に潜入することに。そんな中、あの人物がついにある決断を……!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年09月24日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
2MB

臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

    遊圭主動だとやはり面白い。初期を思うと逞しくなったなーと親目線になる。いよいよ終盤に迫っている感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月27日

    終わりに近づいて物語が動いている。
    玄月の幸せを、と願わずにはいられない

    2021.3.27
    41

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月08日

    行方不明になった玄月、行方を探す遊圭、それに蔡才人…気になることが多すぎた。次巻が最後のようだけど、みんな幸せになってほしいよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月01日

    前巻がどういうところで終わっていたのか忘れてしまっていても、惹き込まれる。まだまだどうなっていくのか目が離せない。次巻もまた読んでしまうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    遊圭と玄月、最前線で身体を張り続けるふたり。
    お互い認めたく無いだろうけどこの会話、もうバディでしょ…
    次回も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    段々とスケールが大きな話になってきたせいか,ストーリーの進展が大きくないのがもどかしい。続巻が待ち遠しい

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

    話が進んでいるようで進んでいない?そろそろ朔露との戦にも一段落して欲しいところ。
    調停の話し合い直後に奇襲をかけたら、調停自体が騙し討ちのためだと思われて朔露の怒りを買うことにならないのだろうか。卑怯にも見えるが珍しいことではないのかな。
    玄月はままならない人生の中でもやるべきことを定め未来への希望...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

金椛国春秋 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 後宮に星は宿る 金椛国春秋
    大陸の強国、金椛(ジンファ)帝国。貴族である星家の公子、遊圭は、ひとり闇夜を逃げ惑っていた。皇帝が崩御し、叔母が皇后に選ばれ……。「天皇に外戚なし」の法のもとに、星家は一族すべて殉死を命じられたのだ。一家の療母(薬師)、胡娘(コジョウ)の助けにより、一人逃げ延びた遊圭は、町娘の明々に出会う。明々はかつて遊圭に救ってもらったことを恩に感じており、遊圭を匿ってくれた。その矢先、明々の後宮への出仕が決まる。再びの絶望的状況に、明々はからりと言う。「あんたも、一緒に来るといいのよ」――かくして、小柄で女子にも見える体躯を生かし、少年・遊圭は後宮へ出仕することに。しかし美貌の宦官・玄月に正体を疑われ……。つぎつぎと襲いかかる試練に、対抗できるのは己の知恵と仲間だけ。理不尽すぎる世の中で、少年は生き抜くことができるのか。傑作中華風ファンタジー!
  • 後宮に月は満ちる 金椛国春秋
    大陸の強国、金椛国。 皇帝の代替わりに際し、一族郎党殉死という悲劇となった名門・星家の御曹司、遊圭は、 町娘の明々の救いにより、女と偽り後宮で女官として務めることに。 家事働きは全くできず、「使えない」という烙印を押された遊圭だったが、叩き込まれた教養と、生来の虚弱体質のため身についた薬膳の知識によって、 次第に後宮で必要とされる存在に。 美貌の宦官・玄月に正体を疑われつつも、「使える」存在になったことで命拾いした遊圭。 今度は皇太后の娘で引きこもりのぽっちゃり姫・麗華の心身の健康のため、公主の部屋付きを命じられることに。 そして後宮に渦巻く女達の野心と怨念が生む陰謀に巻き込まれて……。 大人の男になるまでに、遊圭は果たして後宮を出られるか? 知識と機転で切り抜けろ! 中華後宮ファンタジー第2弾!
  • 後宮に日輪は蝕す 金椛国春秋
    皇太后の陰謀を食い止めた功績を買われ、女装で後宮潜入中の少年・遊圭は、皇帝のお妃候補に選ばれることに。それは無理!と焦る遊圭だが、滞在中の養生院で、原因不明の火事に巻き込まれ……。
  • 幻宮は漠野に誘う 金椛国春秋
    星遊圭は、先帝崩御の際、「外戚族滅法」によって殉死させられた名門一族の生き残り。 女装で後宮を生き延びた彼は、知恵と機転で法を廃止させ、 晴れて男子として生きることに。 ……のはずが、政略結婚のため遠国へ輿入れする公主・麗華の近侍女官として、 ともに旅立つこととなる。 しかし異国の宮廷に潜入した彼の真の任務は、 金椛帝室を救うため、失われた日蝕の周期表「天官書」を探すことで……!? 傑作中華ファンタジー、新章!
  • 青春は探花を志す 金椛国春秋
    現皇帝の甥として、平穏な日常を取り戻した遊圭。しかしほのかに想いを寄せる明々が、国士太学に通う御曹司に嫌がらせを受けていると知り、彼と同等の立場になるため、難関試験の突破を目指すが…。
  • 湖宮は黄砂に微睡む 金椛国春秋
    罪を犯した友人を救おうとした咎で、辺境の地に飛ばされた遊圭。先輩役人たちの嫌がらせにも負けず頑張るけれど、帰還した兵士から、公女の麗華が死の砂漠にある伝説の村に逃げ延びたらしいと聞き……。
  • 妖星は闇に瞬く 金椛国春秋
    死の砂漠から金椛帝都への帰路で、 仲間の裏切りにあい、新興の戴雲国に囚われてしまった星遊圭(せい ゆうけい)。 命の危機を脱し、王都へ戻る方法を探すが、言葉も通じず四苦八苦。 しかし少年王の教育係となり、母妃の奇病を治したことで道が開ける。 ところが金椛国と敵対する大国・朔露の使者が、 戴雲国に味方につけと迫ってきて事態は一変。 一方、辺境の地で役人を務める宦官の玄月にも不穏な気配が……。 傑作中華ファンタジー、劇的展開!
  • 鳳は北天に舞う 金椛国春秋
    隣国の脅威が迫る中、王都へ帰還した遊圭。婚約者の明々との再会も果たし、いよいよ祝言か……と思いきや、王宮で発生したとんでもない事態にまきこまれ……。
  • 臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋
    敵地に乗り込んでの人質奪還作戦が成功したのも束の間、負傷した玄月は敵方に残り消息を絶ってしまう。彼を探し出すため、遊圭は敵陣に潜入することに。そんな中、あの人物がついにある決断を……!?
  • 比翼は万里を翔る 金椛国春秋
    遊圭の陰ながらの活躍もあり、金椛軍は朔露の大軍を押し返し、戦況は小康状態を保っていた。 自ら敵国に残った玄月の安否を気がかりに思いつつも、遊圭は延び延びになっていた明々との祝言の準備に駆け回る。 だが断れない筋からの縁談が遊圭に舞い込んで……。 そんな中、皇帝陽元の親征に金椛軍の士気は昂揚し、朔露との最後の戦いが始まる! それぞれが選んだ道の先に待つものとは。 傑作中華ファンタジー、圧巻の完結巻!!
  • 月下氷人 金椛国春秋外伝
    ついに明々と結ばれた遊圭は束の間の休日を過ごすが、心に掛かるある遺恨があって? 遊圭たちの入宮前、玄月・凛々・陽元たちはどのような人生を送り、後宮で出逢ったのか。シリーズファン必読の短編4作!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング

金椛国春秋 に関連する特集・キャンペーン