「荻原規子」おすすめ作品一覧

「荻原規子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:荻原規子(オギワラノリコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1959年04月22日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部国語国文学科卒。1988年『空色勾玉』でデビュー。『空色勾玉』、『白鳥異伝』、『薄紅天女』の勾玉三部作、『西の善き魔女』、『RDG レッドデータガール』など数々の児童文学を手がける。『風神秘抄』では多くの賞を受賞している。『RDG レッドデータガール』はアニメ化もされている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/04/28更新

ユーザーレビュー

  • 空色勾玉
    日本神話を題材に輝の一族、闇の一族の対立を描いた物語。

    豊葦原、大御神等聞き慣れない単語や言い回しが多いが、それが世界感を演出するうえで非常に良い味を出していると思う。
    初めて見る言葉も多かったが、古語の響きが心地よく、改めて日本語の良さを実感することができた。

    物語も選ばれし者達が長きに渡る争...続きを読む
  • RDG レッドデータガール はじめてのお使い
    和ものファンタジーの名作に・・・なるかも?な、
    和泉子の成長の物語。
    滅茶苦茶箱入り娘な和泉子が深行との関わりから、
    外界へ出ることになるが、それを阻む存在あり、
    外界では狙う存在ありと、ミステリアス。
    しかも姫神が内にいるという、
    常でない自分の存在。
    あちこちに布石があって面白いです。
  • RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日
    高柳クンの計略が発火点になって、
    ついに和泉子の力が顕現!
    学園祭の進行に和泉子の変化が
    重なっているのが面白い。
    最後の和泉子の舞がクライマックス。
    激しい展開の後の静けさが心地よい。
    なんだか高柳クンの陰陽師としての
    歩んだ道の大変さが、人を信じきれないような
    性格に反映されていると考えました。
  • RDG レッドデータガール はじめてのお使い
    こんな感じの世界観が好き♡
    設定がしっかりしてあって、話にどっぷりとつかることができる。それであって、謎な感じもあるので、読んでいて飽きないし、続きが気になる。
  • 空色勾玉
    この本に出会ったのは、高校生の頃でした。
    だんだんと物語にひきこまれていって、あっというまに読んでいました。
    勾玉三部作のはじまりの物語。
    同じ日に、同じ勾玉三部作の「白鳥異伝」「薄紅天女」も続けて読んでしまいその日に読み終わりました。

    今でもたまに読み返したくなる、不思議な魅力を持った物語です。

特集