「浅田次郎」おすすめ作品一覧

浅田次郎 看板

シリーズ累計500万部を超えるベストセラー『蒼穹の昴』。第5部にあたる最新作『天子蒙塵』が紙と電子同時配信!さらに無料の特別ガイドブックには浅田次郎先生のインタビューも!

『天子蒙塵』ほか『蒼穹の昴』シリーズ配信中!

【無料】著者インタビューも掲載!『蒼穹の昴』シリーズ20周年! 特別ガイドブック

プロフィール

  • 作者名:浅田次郎(アサダジロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年12月13日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:小説家

中央大学杉並高等学校卒。1990年『とられてたまるか!』でデビュー。『蒼穹の昴』、『鉄道員』、『地下鉄に乗って』、 『壬生義士伝』など多数の作品を手がける。『鉄道員』では第117回直木賞を受賞。数多くの作品がいろいろな賞を受賞し、舞台化・映画化などメディア化されている。

作品一覧

2017/03/16更新

無料
壬生義士伝【期間限定無料】 1
NEW
文藝春秋2017年4月号
NEW
小説現代 2017年 3月号
天国までの百マイル
椿山課長の七日間
540円(税込)

ユーザーレビュー

  • 霞町物語

    小説で久しぶりに涙を流した。そして声を出して笑った
    浅田次郎のイメージがいいいみで変わった。
    「青い火花」「雛の花」双璧

    Posted by ブクログ

  • 月のしずく

    心が洗われる作品ばかりの短編集。1996~1997年の作品で、この頃の浅田さんの作品が私は一番好き。神様のように善良で惚れた女の為なら何でもする男。その人間性に惹かれていく女。こんな感じの設定が多いですが著者の引き出しの多さで、どれも新鮮で哀愁があり余韻が残る。コンビナートの荷役をしているさえない男...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 王妃の館

    『世の中ってね、幸せのかたちはみな似たりよったりだけれど、不幸のかたちはどれも別々なの。みんな特別の苦労を背負っている。貧乏な人も、お金持ちも。だからあなたはべつに、特別なひとじゃないのよ。もしあなたが特別の苦労をしているとしたらそれはーそう思いこんでいるあなた自身の姿が、不幸なのよ。』

    後半グッ...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集