浅田次郎の一覧

「浅田次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:浅田次郎(アサダジロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年12月13日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:小説家

中央大学杉並高等学校卒。1990年『とられてたまるか!』でデビュー。『蒼穹の昴』、『鉄道員』、『地下鉄に乗って』、 『壬生義士伝』など多数の作品を手がける。『鉄道員』では第117回直木賞を受賞。数多くの作品がいろいろな賞を受賞し、舞台化・映画化などメディア化されている。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年2月号

作品一覧

2020/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 大名倒産 下
    浅田次郎作品は、読んでいて心臓がきゅっとなるような人情モノが好きだけれど、シャレの効いたコミカルな作品も面白い。
    上下合わせて、濃紺とオレンジの箔押しの装丁もセンスがよくて好き。
    内容の面白さはもちろん、食欲まで刺激される誘惑の本。
    ああ越後の鮭が食べたい!曰く、新鮭は格別ということなので近いうちに...続きを読む
  • 壬生義士伝(下)
    新選組をあまり有名では無い隊士の視線から描いたものと思っていたら、全然違うものでした。細かく感想を書こうかとしたけどやめました。とてもとても感動した作品でした。
  • 大名倒産 下
    笑いあり涙あり塩鮭あり・・・。

    登場人物がたくさん出てくるが、それぞれに個性あり、魅力あり、見事に描き分けられていて飽きなかった。

    将来の文庫化を待たず、早々にゲットしてよかった。
    悔いなし。
  • 一路 (下)
    自分の領分の中で命をかけて「一所懸命」に頑張る武士達の物語。笑いと感動、ユーモアとシリアスが絶妙なバランスでとても面白かった。
    急速に変わっていく時代の中、変わらずにいることに批判も起こるが、時代に上手く乗ることだけが生き様では無いことを物語を通じて感じる。
  • 血まみれのマリア~きんぴか(2)~
    恋愛編の第2巻
    ピスケン&マリアの純情がよい。女のために変わる男って好きなんだな私。
    「こうして下せえって拝んでいるうちはどうにもかわりゃしねぇ こうすっから見てて下せえ と神仏に誓って初めて変わるてぇもんだ 人生そんなもんだぜ」
    って名言!
    私も見習う!!自分で動かなくっちゃ!!