地下鉄に乗って 新装版

地下鉄に乗って 新装版

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため……。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2020年10月15日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

地下鉄に乗って 新装版 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    主人公が複雑な想いを持つ地下鉄が、時空を超え父親の生い立ち等家族の過去に繋がる出口を持つ、たが、決してファンタジーではない物語。

    バックトゥザフューチャーのデロリアンとも、ドラえもんのタイムマシーンとも違う。このメトロは読後に切ない想いを残す。

    最初からどこに向かっているのかわからない展開に夢中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月19日

    作者は地下鉄ラブなのだろう。就職した頃は車内の照明が消えたり、ランプのようなものが点灯したりする地下鉄がまだ普通に走ってた。いつから無くなったのだろうか。それにしてもみち子がかわいそうなお話しだったなぁ。補助的な登場人物かと思ったが、そうではなかったね。
    父の若かりし日を見てみたい、その頃の父と語り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    父と息子の話 強い昭和臭

    いろいろな人間関係の設定は、何となく予想がついてしまう。
    でも、そんなことに関係なく、面白い。
    筆者の時代ごとの街や心情の描写力に引き込む力がある。一気読みでボロ泣き。

    混沌とした時代を、しぶとく生き抜くアムールが魅力的だった。

    東京のはりめぐされた地下道(鉄?)が、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月16日

    懐かしさの残る小説。
    父と息子の確執。

    時空を越えて、過去に戻り、主人公真次は父、兄、みち子の生い立ちを知ることになる。

    非常に夢のような話にも聞こえるが、本人は結構酷な事を体験したのだと思う。

    この体験は彼のこれからの人生に必要だったから、ということなのだろう。

    過去に遡った東京の情景は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    salyuさんが好きで、この映画の主題歌「プラットホーム」繋がりでこの作品に出会いました。主題歌→映画→小説の順でこの作品を読みましたが、古きよき昭和の時代に生きた父の生き様に触れ、徐々に父に対する見方が変わってくる主人公の様子に興味をもちました。
    愛する彼女が選んだ結末がなんとも切ない。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月01日

    タイムトリップもの。真次、みち子が過去に戻るたび父の佐吉や関係者の人生に触れる。ノスタルジックなお話し。好きですがひっかかる部分が残ったので☆3。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月05日

    【おもかげ】の発売情報を読んでいたら、この【地下鉄に乗って】のことに触れられていて、興味を持ち、
    タイムスリップものとの前情報で、SFやファンタジー的な小説が苦手な自分にはどうだろうな・・・と思いながらも、読んでみた。

    地下鉄の描写と街の描写があるから、地下鉄の出口から上がると、最初は、そこから広...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています