新世界より(上)

新世界より(上)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。念動力(サイコキネシス)の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた……隠された先史文明の一端を知るまでは。 (講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
488ページ
電子版発売日
2012年09月28日
紙の本の発売
2011年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    ダークファンタジー

    たっきー 2013年11月15日

    こちらは文庫本で読みました。
    上中下と3巻なので、電子書籍にすればよかったな、と今さらながら思います。
    内容はSFファンタジーですが、普段ファンタジーを読まない人にもオススメしたいです。
    少しずつ綻び始めた世界が、一気に破綻へ向かう描写にはドキドキさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月27日

    1000年後の話!?

    サイキッカーが住む世界で現代の文明の何らかを継承しているような世界!?

    バケネズミや風船牛など謎の生物!?

    五人の少年少女達がヒョンなことから知ってしまった世界の秘密!?物語は急転直下で進んでいく。


    ・前半の学園生活はハリーポッターのようにほんのりしてました
    ・世界観...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月01日

    とても面白かった。ライトノベルのようなファンタジーでとても読みやすいけれど、細かい設定がしっかりしていて、初めからこの巻の終わりまで飽きることなく読み進められた。

    まるで自分が体験しているかのように錯覚させられるスリルとスピード感は流石だった。途中で本を置くことが躊躇われた。

    早く中巻が読みたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月08日

    遠未来を舞台にしているものの、どこか懐かしく民俗学的な薫りのする世界観。読む前はボノボの生活を基にした社会形成がなされている世界の話ということだけ知っていたのだが、それは一部分の要素で、もっとスリルとサスペンスに満ちた話であった。次巻を読むのが楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月28日

    アニメから入ったのですが、より細かな設定に感服し、これからどうなるのかわかっているのに期待が溢れます。
    どうやったらこういう世界を創造できるんだろ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月26日

    二周目に入ります。本作を読み込んでからアニメを見たら、ほぼ頭で浮かべた通りの景色で驚きました。情景の描写がとても細かいです。でもバケネズミのコロニーでしばらく過ごすシーンは読んでいて終わりが見えなくて辛いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月15日

    今日は貴志祐介からもう一冊。この本は山形駅にあるくまざわ書店で買った記憶があるから、これもきっと2012年、大学4年になる年の冬に買ったのだろう。

    病的に美しい日本。そこには争いも憎しみもない。人々はボノボのように、愛情表現の一環としてフリーセックスする。この設定、当時の私には刺激が強すぎた。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月11日

    読み始めて何となく世界観が見え始めたところで「まさか和製ハリーポッター的
    な!?」と思い読むのを止めようかと思った。別にハリーポッターが嫌いってわけで
    はない(読んだことはない)けど、今はホグワーツでのファンタスティックなスクー
    ルライフを読む気分ではないから。
    とは思いつつ勿体無いので読み進めてみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月26日

    めちゃくちゃドキドキします!気味の悪さとミステリー(?)とが混ざり合って最高ですね。
    アニメから入りましたけど、結構忠実にアニメ化されてたんだと気付きました。ユートピアが実はディストピアだったって(ディストピアとは違うか?)最高にドキドキさせてくれます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月23日

    日本人にしか書けない懐かしい未来絵図。娯楽でもどこか2040年の日本を議論する糧になればと手に取ったけれど、そんな次元の世界観ではなかったな。久々に主人公に感情移入したのは、彼女が平凡だからか、彼女が少女だからか。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 新世界より(上)
    660円(税込)
    1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。念動力(サイコキネシス)の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた……隠された先史文明の一端を知るまでは。 (講談社文庫)
  • 新世界より(中)
    605円(税込)
    町の外に出てはならない――禁を犯した子どもたちに倫理委員会の手が伸びる。記憶を操り、危険な兆候を見せた子どもを排除することで実現した見せかけの安定。外界で繁栄するグロテスクな生物の正体と、空恐ろしい伝説の真意が明らかにされるとき、「神の力」が孕(はら)む底なしの暗黒が暴れ狂いだそうとしていた。(講談社文庫)
  • 新世界より(下)
    715円(税込)
    夏祭りの夜に起きた大殺戮。悲鳴と嗚咽に包まれた町を後にして、選ばれし者は目的の地へと急ぐ。それが何よりも残酷であろうとも、真実に近付くために。流血で塗り固められた大地の上でもなお、人類は生き抜かなければならない。構想30年、想像力の限りを尽くして描かれた五感と魂を揺さぶる記念碑的大傑作! PLAYBOYミステリー大賞2008年 第1位、ベストSF2008(国内篇) (講談社文庫)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています