鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺をしたらしい瞬間に偶然居合わせる。ドアにはサムターン錠がかかったうえ目張りまでされ、完全な密室状態。だが防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、これは計画的な殺人ではないかと疑う(「鍵のかかった部屋」)。ほか、欠陥住宅の密室、舞台本番中の密室など、驚天動地の密室トリック4連発。あなたはこの密室を解き明かせるか!? 防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2012年04月
サイズ(目安)
1MB

鍵のかかった部屋 のユーザーレビュー

    購入済み

    新感覚

    れれ 2020年07月06日

    親戚宅の本棚にあった『黒い家』で興味を持ったこの作者の作品6冊を、かなり前に此方で購入したまま未読だったのですが、漸く手を付けました。

    ひたすら密室トリックのみをサクサク解き明かしていく短編集は初めてで新鮮でした。
    私は会社の昼食時に読んでいるので、一編一編が調度良い長さで読みやすかったです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月18日

    ドラマを見て、黒い家の作家さんの作品なことを知り読みました。
    榎本さんシリーズ、他にもあるみたいなので読んでみます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月30日

    防犯探偵シリーズ第三弾。
    4編が収録された短編集。


    ドラマのタイトルにもなった『鍵のかかった部屋』

    短編集の中でもストーリー性が高いというか、トリックだけでなく引き込まれる作品かなと思います。

    あの劇団が再び登場する作品もあり、相変わらず自由すぎる登場人物たち。
    殺人事件なのに、どこか軽くな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月01日

    4つの謎、すべてドラマでやっていましたね。
    ちょいちょい違いましたが。

    青砥先生が崩壊していく様が可愛かったです(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月12日

    青砥と榎本のコンビがすごく好き。
    特に青砥のトンチンカン推理に呆れる榎本の姿を楽しみにしてしまう笑
    貴志祐介にしては軽い内容で、所々クスッと笑えるところがありながらも、人を人とも思わないトリックや、闇深い動機にはゾクっとする。
    密室の解き方が一筋縄ではいかないものばかりで、すぐ説いて欲しい他人にはお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    怖いミステリーが苦手な私としては、青砥弁護士と榎本さんの掛け合いがほっこり出来て安心する。榎本さんのジワジワ推理で追い詰めていくところが、もどかしくもあり、ドキドキさせられて読んでいて楽しいです(*´∇`*)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月13日

    貴志祐介の防犯探偵シリーズ第3弾です。今回も短編集です。なかなか凝ったトリックが多く面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月24日

    貴志祐介先生の密室シリーズもの

    男女のコンビが主役
    男性は「防犯コンサルタント」という仕事をしており、鍵の仕組みなどについてやたら詳しい

    女性は弁護士
    男性と一緒に密室の謎を多く解き明かしてきたせいか、密室事件があったらこの人というような評価をうけている
    自分の事を綺麗な女性だと思っている勘違い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月07日

    ドラマを見ていたので全部のトリックは解っていたがちょこちょこストーリーが違って、その差が面白かった。
    この次出ないのかなぁ。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月21日

    「佇む男」感想
    犯人はいっさい無駄なことはしていない。
    榎本に言わせると「まっとうな犯人」ではない犯人は、別解を自ら潰すという小細工に走る。
    密室を構成するものすべてが意味のあるものだと思い、あらためて事件現場である部屋を見直してみる。
    すると、あきらかに不可思議なものが見えてくる。
    淡々と犯行を進...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています