悪の教典(上)

悪の教典(上)

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

晨光(しんこう)学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇なく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムにサイコパスが紛れこんだとき──。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2012年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

悪の教典(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月14日

    内容を知らずに読み始めた。知っていたら敬遠したかもしれない。ぐいぐいと作品の世界に引き込まれて、先が気になってたまらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    まだ読んでいない人に言いますが、読む時は"上"と"下"両方揃えてから読み始めことをお勧めします。"上"を読むのなら、"下"も読まなくてはなりません。これは義務だと思います。何が言いたいのかというと、この作品はそれくらい覚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月11日

    A cool-looking, good-looking teacher who was popular among students was actually a ridiculous psychopath. I wanted to know his past and read it all at...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月28日

    貴志祐介が描くサスペンス・エンターテインメント。学校という閉鎖空間に紛れ込んだエリート教師が実はサイコパスで……という物語だが、物語の骨子になっているせいか、サイコパスの描き方が秀逸である。社交性が高く、一見すると普通の人間と代わりがないのだが、共感性が著しく欠如しているため、快楽や目的のための行動...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月01日

    最初はそこまでホラー感はなく、ただの学園モノにちょっとしたサスペンスが入るのかなと思っていましたが、後半に入り、徹底された殺人計画や過去の殺人の完璧な隠蔽などを知るにつれ、読み方が変わった。この戦慄がどのように続き、どのような終結を迎えるのかがとても気になる。早く続きが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    うん

    なー 2013年09月06日

    DVDを見てから小説を読みました。
    やはり面白い!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    はすみんがかっこいい

    りっか 2013年02月28日

    映画で話題になったのは知っていましたが、原作から入りました。

    登場人物が多かったですが、混乱することなく読めました。
    先が気になって気になって仕方がなかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月29日

    学校が舞台のサイコパス・ホラー作品。
    学校で人気者の主人公の先生には裏の顔があり、自己保身のため残虐な問題解決を図っていくさまは、見応えあり。

    かなり厚みがあるが、ユーモアを交えた文章構成にワクワクしながら読み進めることができた。

    この感受のまま、いざ下巻へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月14日

    ー教師であり、捕食者。

    高校の英語教師、蓮実聖司。彼の授業は生徒たちを魅了し、他の教員まで掌握し、親衛隊ができるほどの人気だった。「教育者」として生徒たちを指導し、自分の理想の箱庭を創り上げる。それこそが蓮実教諭の使命であり、やりがいであった。たとえそのために、「殺人」という手段を使うことになった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月30日

    貴志祐介作品を初めて読みましたが、凄く読みやすい!
    するする読めて2日で読破しました。
    蓮実視点なので、サイコパスの心情が分かりながら読める点も良かったです。

    学園モノというだけあり、生徒の名前が全然覚えられなくて、苦戦しましたが、それぞれキャラクターが立っていて、それぞれの展開もドキドキしながら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

悪の教典 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 悪の教典(上)
    764円(税込)
    晨光(しんこう)学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇なく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムにサイコパスが紛れこんだとき──。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。
  • 悪の教典(下)
    764円(税込)
    圧倒的人気を誇る教師、ハスミンこと蓮実聖司は問題解決のために裏で巧妙な細工と犯罪を重ねていた。三人の生徒が蓮実の真の貌に気づくが時すでに遅く……。学園祭の準備に集まったクラスを襲う、血塗られた恐怖の一夜。蓮実による狂気の殺戮が始まった! ミステリー界の話題をさらった超弩級エンターテインメント。解説・三池崇史(映画監督)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています