硝子のハンマー

硝子のハンマー

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社で、社長の撲殺死体が発見された。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、窓には強化ガラス。オフィスは厳重なセキュリティを誇っていた。監視カメラには誰も映っておらず、続き扉の向こう側で仮眠をとっていた専務が逮捕されて……。弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径のコンビが、難攻不落の密室の謎に挑む。日本推理作家協会賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2007年10月
サイズ(目安)
2MB

硝子のハンマー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月24日

    今までミステリーしか読んだことがなかった貴志さんの本格推理小説。嵐の大野くん主演でドラマ化されました。ドラマ化を知り、放送前に買って読んだ本。
    面白かったです!主人公の榎本径の本職はびっくりですが、その設定がまたいい。結構厚めですが、一冊すべて一つの事件についてのお話です。
    もう一人の主人公青砥弁護...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月15日

    ストーリーの緩急が絶妙!敢えて一気に読み終えさせずに深みを作っていて、悲哀もしっかり伝わってきます。いつのまにか正面から少し外した視線からの文章やストーリー構成に、表現する技術の凄さを感じました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月06日

    あっという間に読み終えてしまいました。まさかそんなことが起こるんだという事件だったし、後半の犯人視点は、理不尽な人生に希望を持てない心情があって。でもやっぱり殺す必要はなかったんじゃないかなと思った。
    またこのシリーズ読みたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    圧巻の知識量。文系脳のわたしはちんぷんかんぷんになりながら読んだ。分かる人にはすっごい面白いんだろうな~~!わたしはそこらへんは理解できずに流し読み。
    前半は密室を暴く話で後半は殺人を犯すまでの話。一冊の小説で二つの物語が楽しめる!
    ここまで徹底したトライアンドエラーの密室殺人物を読んだことがなかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    月9で放送された「鍵のかかった部屋」に登場する榎本シリーズの第1作目。読んだ当時は、シリーズものとは知らずに読んでいましたが、高層ビルでの密室にどうトリックが仕掛けられているのか。一見不可能かと思いきや、こういうトリックがあるんだと驚いてしまいました。
    榎本側の視点だけでなく、犯人側の視点もあるため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    面白い。良い密室だった。
    探偵役の榎本径の設定が面白い。
    犯人も頭が良くて、見事な犯罪だと思います。
    二部構成だけど、ダレることなく一気読み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月24日

    これドラマ見たからなんとか読めたけど...… 新作『ミステリークロック』は理解できるのかしら。その前にまだ2冊もあるんだけどね。それにしても、相手によって突然敬語が消え去る榎本さんの破壊力たるや。ああ、妄想力豊かな自分に拍手。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月30日

    気がつけば、貴志さんの本は、読んだ数が多い。

    まず「黒い家」は不気味さが半端でなく面白く、テーマにも入り込んだ。次は「天使の囀り」で、これらは貴志さんのマイベストに入る。それから読み続け「新世界から」「悪の経典」などなどと続いたが、この「硝子のハンマー」と「狐火の家」を忘れていた。

    * * *
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月14日

    密室のトリックにはよく登場する防犯関係のアイテムに加え、ドア、アルミサッシ系の専門用語が頻出します。防犯・建材に詳しい人にとってはニヤリとする場面も多くあります。
    それにしても、徹底的にリアルな描写を心がけていることには脱帽します。作家は皆このように勉強されているのかはわかりませんが、貴志さんは妥協...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    途中中弛みはあったが面白かった。
    推理があっちこちに転がっていったいどこに落ち着くのかという不安定さはあったが榎本と青砥のコンビもなかなか味があって良かった。
    犯人はそんな理由で殺す必要はないんじゃないかなぁという感じもしたけどトリック自体は良く出来ていたと思う。
    なんだかシリーズ物らしいので他のも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています