クリムゾンの迷宮

クリムゾンの迷宮

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

藤木芳彦は、この世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を、深紅色に濡れ光る奇岩の連なりが覆っている。ここはどこなんだ? 傍らに置かれた携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された……」それは、血で血を洗う凄惨なゼロサム・ゲームの始まりだった。『黒い家』で圧倒的な評価を得た著者が、綿密な取材と斬新な着想で、日本ホラー界の新たな地平を切り拓く、傑作長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2012年12月07日
サイズ(目安)
2MB

クリムゾンの迷宮 のユーザーレビュー

    購入済み

    面白い。

    ちも 2014年02月17日

    ストーリー自体や結末には目新しさは特にないが、貴志作品独特の心理戦の迫力や表現のリアルさに引き込まれる。一気に読んでしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月09日

    貴志祐介の中でも一番好きな作品かもしれない。
    多少思い出補正もあるかもだが…何回読み返してもノンストップでラストまでいってしまうくらい面白い。
    ざっくり括るとデスゲーム系統だけどそんなちゃちなものではない。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月22日

    「新世界より」とNO.1を迷ったが、この作品も文句無しに面白かった。
    大分前に読んだ本だから余り覚えて無いのは残念だな。
    いつか読み返してみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月13日

    謎のゲームに巻き込まれた主人公をめぐるストーリーだが、同工の作品と比べて展開が面白く、貴志祐介はさすがだなあと思う。人が何らかの理由で「人でない者」になってしまう、という題材が作者には多い気がするが、それが作者にとっては最大のホラーということなのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月14日

    目覚めると、一面深紅色(クリムゾン)に覆われる異様な場所にいた藤木。そこは、まるで火星のよう。傍に置かれていたゲーム機には、「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された。」の文字。一体、どんなゲームが始まるのか…。

    最近でこそ、こういった類いの不条理系サバイバルゲームのストーリーは少なくないけど、こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月24日

    ネットでおすすめの小説を探すと、高確率で名を挙げられる本。
    デスゲーム系の漫画を読み漁った時期があったので、先が読めてしまうこともありましたが、クライマックスでは巧みに構成されたストーリーにあっと驚かされました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    個人的ではありますが2020年の100冊目となりました!

    感想は率直に言ってグロいです。年末年始に読まないことをお勧めします。

    主人公の藤木芳彦は荒野で目覚めるが、意識を取り戻す前後の記憶がない!?
    手元にあるゲーム機から、この場所が火星!?である事を告げられ、さらに謎のゲームに強制的に参加させ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月30日

    設定やストーリー自体はありがちというか…こういうことだろうなとかこうなるだろうなと思った通りの展開だったが、それでもハラハラしながら読み進めることができたしおもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    貴志祐介にはまっている。
    この人の小説は人間行動学?とか生物学?関連の知識が鏤められていてなんかちょっと賢くなった気分になる笑
    内容としてはフィクションなんだけど(だと思う)妙なリアリティがあってそれが魅力的なんだと思う。
    情報を手に入れたとしても役立たせられるのか、、、多分無理だろうな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    いろんなサイトで紹介されてたから買ってみた一冊。

    ホラー小説と聞いていたが、想像と違った怖さのホラーだった。

    疑問はいくつも残る最後だが、主人公が生き残ったという事が大きく、疑問はどうでもいいような感じがした。

    ただパートナーだった女性の謎は解明して欲しかった。

    展開が早く読みやすい本でした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています