逢坂剛の一覧

「逢坂剛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:逢坂剛(オウサカゴウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

1943年、東京生まれ。中央大学法学部卒業後、博報堂に入社。80年、『暗殺者グラナダに死す』で第19回オール讀物推理小説新人賞受賞。87年、『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞受賞。97年より執筆に専念。2001年から日本推理作家協会理事長を二期務める。13年、第17回日本ミステリー文学大賞受賞。ドラマ化が話題の「百舌」シリーズ、「禿鷹」シリーズほか警察小説の第一人者であり、時代小説では「重蔵始末」シリーズ、国際謀略小説では「イベリア」シリーズなど幅広く活躍。

作品一覧

2018/11/22更新

ユーザーレビュー

  • 百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ)
    新宿で起こった過激派メンバーによる爆破事件で妻を亡くした、公安特務一課の倉木尚武警部は、狂気ともいえる執念で、同じく公安の明星美希部長刑事、本庁捜査一課の大杉良太警部補らと事件の真相を追います。
    一方、能登半島の狐狼岬近くで、頭と頰に大怪我を負って彷徨っていた記憶喪失の男・新谷和彦は、入院先を訪ねて...続きを読む
  • のすりの巣(百舌シリーズ)
    「鵟(のすり)」とは小型あるいは中型の鷹の仲間だそうで、つまりは「百舌」と同様、鳥の名前ですね。
    とはいえ、本作も百舌の出てこない百舌シリーズです。

    暴力団の絡む麻薬や拳銃が、「ノスリのだんな」と呼ばれる男に強奪される凶悪事件が起こり、探偵としてのとある調査中に、巻き込まれるような形でその事件に関...続きを読む
  • よみがえる百舌(百舌シリーズ)
    千枚通しで首筋を一突きで殺された元刑事。現場には一枚の百舌の羽根が残されていた。
    伝説の暗殺者「百舌」に酷似した手口による殺人事件に、倉木美希と大杉良太は、疑念を抱きながらも捜査を始める。
    一方、ちょっとしたことで美希が知り合った青山署・生活安全課の紋屋貴彦という警部が、彼女に近づくようになり…

    ...続きを読む
  • 砕かれた鍵(百舌シリーズ)
    この本が面白いのは間違いないところで、茫然自失のラストを目の当たりにして衝撃に打ちのめされつつ、実は続きとなる「よみがえる百舌」と「鵟の巣」も読み終えておりまして、個々の面白さはいうことなし!

    ただ、「百舌の叫ぶ夜」や「幻の翼」と同列に、これらを百舌シリーズとしてもいいのかという思いがふつふつと湧...続きを読む
  • 幻の翼(百舌シリーズ)
    さすがに時代を感じるが、面白いのは確か。
    ロボトミーとか、どうよ?って感じだけど。
    それにしても、命張りすぎっす。
    ツキさん、憎めないキャラだけど、ちょっと嫌いになりそう。

特集