「逢坂剛」おすすめ作品一覧

「逢坂剛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:逢坂剛(オウサカゴウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

1943年、東京生まれ。中央大学法学部卒業後、博報堂に入社。80年、『暗殺者グラナダに死す』で第19回オール讀物推理小説新人賞受賞。87年、『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞受賞。97年より執筆に専念。2001年から日本推理作家協会理事長を二期務める。13年、第17回日本ミステリー文学大賞受賞。ドラマ化が話題の「百舌」シリーズ、「禿鷹」シリーズほか警察小説の第一人者であり、時代小説では「重蔵始末」シリーズ、国際謀略小説では「イベリア」シリーズなど幅広く活躍。

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • 百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ)
    これは面白いです。読みやすいし。
    ちょっと時系列に戸惑いますが、最後に向けて手が止まらなくなるなりました。
  • 兇弾 禿鷹V
    ハゲタカは生きているの?
    やっぱり死んじゃったの?

    誰が味方で誰が敵なのか
    途中で誰が裏切るのか?
    ドキドキしてしまった。

    シリーズⅣ辺りで
    少しだれちゃったが
    Ⅴは期待を裏切らない
    面白い展開だった。
    御子柴を主役に今後も続くのか?
  • 暗殺者の森(下)
    イベリアシリーズの第6弾。2010年に出ていたのを見逃して、しばらくぶりになってしまいました。
    時は1944年。第二次世界大戦も最終盤にさしかかり、ドイツのヒトラー体制の崩壊が始まるという時代背景。スパイたちは、終戦後の身の振り方も少しずつ気にしつつ、それぞれの立場で時代を生きていく。
    今回も読ませ...続きを読む
  • 暗殺者の森(上)
    イベリアシリーズの第6弾。2010年に出ていたのを見逃して、しばらくぶりになってしまいました。
    時は1944年。第二次世界大戦も最終盤にさしかかり、ドイツのヒトラー体制の崩壊が始まるという時代背景。スパイたちは、終戦後の身の振り方も少しずつ気にしつつ、それぞれの立場で時代を生きていく。
    今回も読ませ...続きを読む
  • 百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ)
    TVドラマもWOWOWも映画も
    見ようとしたが、今ひとつ分かりにくくて
    途中でリタイヤしてしまった。

    本で読んでみて理由が判明。

    過去未来現在と
    次々と回想が変化する上
    章によって主人公「私」も変わる。
    これはドラマじゃ伝えにくいわ~

    この「百舌の叫ぶ夜」は
    シリーズ1となる。
    一気に完読。
    ...続きを読む

特集