伴天連の呪い

伴天連の呪い

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

大好評「彦輔」シリーズ第2弾! ちゃっかり御家人三男坊・鹿角(かづの)彦輔が芝の寺へ遊山に出かけたところ、隣の寺の裏手で額に十字の焼き印を押された死体が発見された。そこはかつて、切支丹の伴天連(ばてれん)が何十人も火あぶりにされた寺だという。彦輔は意外な犯人に行き当たるが――個性豊かな面々が江戸の町で大活躍する傑作時代小説集!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
彦輔シリーズ
ページ数
306ページ
電子版発売日
2014年10月24日
紙の本の発売
2011年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

伴天連の呪い のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年10月24日

    これも逢阪剛の時代小説だが既読本を再購入したもの。「道連れ彦輔」と題名にあるが第一巻では道連れ道中の話しが殆どなかった記憶があるがこちらは何度か目黒や高井戸まで道連れに行っているので偽りなく道連れ彦輔だ。御家人の二男で厄介の彦輔が金を稼ぐために幼馴染の目付迅一郎の仕事を手伝い手間賃を稼ぐという物語。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

伴天連の呪い の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています