「和田竜」おすすめ作品一覧

「和田竜」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:和田竜(ワダリョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1969年12月01日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

早稲田大学政治経済学部卒。『のぼうの城』、『忍びの国』、『小太郎の左腕』などの作品を手がける。代表作『村上海賊の娘』では第35回吉川英治文学新人賞と2014年本屋大賞を受賞している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/10/15更新

ユーザーレビュー

  • 忍びの国
    "のぼうの城"が面白かったので、期待も込めて手に取った第二作目。

    やはり戦国エンターテイメントの名に相応しい作品である。

    それぞれのキャラクターが際立っているだけでなく、信雄軍と伊賀の忍び軍の駆け引きについてもスリリングな展開で良い意味で読者を裏切ってくれるので、つい心を奪われてしまう。

    特に...続きを読む
  • 村上海賊の娘(四)
    解説にも書かれていますが、史料をとても大事にされている重厚な作品であると感じました。
    物語の進行速度は決して悪い意味ではなく、とても遅いと感じました。人によっては読むのが苦痛と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
    主人公が女性で、その目線で物語を見ていくためか他の戦国の歴史物よりも自らの信念に忠実...続きを読む
  • のぼうの城 下
    単行本の2冊は薄っぺらく、1冊でまとめられなかったのかなと思ったけど、薄いことで一気にページ数が進み読み切れたのかなとも思う。
    それくらい次が気になり読み進めてしまう。
    ただ、この和田さん、物語途中に筆者の感想や、物語のネタバレを途中で書いたり、文献がどうたらこうたらと横道が多い。
    慣れてしまえば、...続きを読む
  • のぼうの城 上
    和田さんの時代劇は登場人物をじわじわじわじわ押し上げて後半一気に畳みかけてくる
    これが爽快
    他物語も必ず豪傑が現れ読んでいて惚れ惚れする
    そう、どの話も!
  • のぼうの城 下
    石田三成の忍城攻めを舞台にした時代小説。忍城攻めは秀吉の小田原平定のうちの1つであり、北条氏方について忍城を守る成田家とその家臣が中心に描かれる。面白いのは、主役であるはずの成親自身が最後まで「掴めない男」であるところか。しかし、周囲の武将のキャラが濃く描写されているのに、決して成親がそれに霞んでし...続きを読む

特集