ストロベリーナイト

ストロベリーナイト

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは? クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。超人気・姫川シリーズ第一作、待望の電子書籍化!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
435ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB
  • ドラマ化

    「ストロベリーナイト サーガ」

    2019年4月~ フジテレビ系
    出演:二階堂ふみ、亀梨和也、江口洋介

    Posted by ブクログ 2019年05月12日

    グロがダメな方は読まないように!
    裁判のときの傍聴席の全員が敬礼した場面は泣けた。ドラマ見ても涙出たけど。
    面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    殉職してしまった女性刑事の思いに思わず涙。ガンテツ、嫌な奴と思っていたけど、なかなか憎めなくていい感じ。シリーズ化しないのかな・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月07日

    久々に興奮したミステリ。読んだと思ってたら読んでなかった。誉田哲也が俳優の配役考えながら描いたっていうのがわかるほどに、先にドラマ見たけどキャラがぴったりメンバーで、本読みながらもドラマの俳優陣が目に浮かぶ。

    特に生瀬さんね。笑笑

    これは絶対に生瀬さんだね。生瀬さん以外にこの役ハマる人いないし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2013年01月13日

    続きが気になってどんどんページをめくってしまう!そして主人公のかっこよさ。自分も姫川班に入って命令されたいwと思ってしまう作品でした。シリーズ化されており、是非お勧めしたい作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2012年08月24日

    2010年竹内結子さん主演ドラマの原作。姫川玲子シリーズ第一段。公園で、ビニールシートに包まれた男性の他殺体が発見されたのを発端に連続殺人を・・・。そこで【ストロベリーナイト】というキーワードに辿り着く。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月10日

    読み応えあり!探していた世界にやっと会えたという感じです。これを読んでしまったらもう、普通のミステリーでは物足らない。ただの猟奇的エログロ小説とは一線を隔す重厚でありながら遊び心も感じられる良作です。登場人物のキャラが濃く魅力的。ただしあまりのグロさに引きます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    ドラマから入って読んでみた!
    姫川のイメージがちょっとドラマとは違ったけど面白かった!シリーズ全部読んでみなければ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月05日

    ドラマをほんの少しだけ見て気になったので、読んでみた。面白かった。大塚の死と姫川に大きく影響するところがいいですね。刑事として不完全な弱さの様な部分な見えて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月08日

    グロいグロいと噂だけを先行して聞いていた本作。

    誉田さんの本は何冊か読んでいる。好みではある。しかしあまりに先行して良い噂を聞き過ぎ、期待が爆発せんばかりに膨らんだ状態の私には少し物足りなかった。あ、もちろん面白いのは間違いないんだけど。

    こんながっつり警察小説だとは思ってなかった。出だしの陰惨...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    危機迫るラスト
    読み応え抜群の一冊だった

    ビニールに包まれ、内臓を切り裂かれた状態で突如置かれた謎の変死体が発見されてから連動して次々と出てくる死体
    まったくつながりのない死体から見えてきたのは、殺された人物達が皆「ストロベリーナイト」という夜会に参加していること

    紐づく死体の繋がり、まったく見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています