妖(あやかし)の華

妖(あやかし)の華

作者名 :
通常価格 763円 (694円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

ヨシキはヤクザから半殺しにされそうな窮地を、謎の女に助けられる。女は、妖艶な美貌でスタイル抜群のNO.1風俗嬢の紅鈴(べにすず)。彼女は人ではない、「闇神(やがみ)」と呼ばれる異形の種族だった…。同じ頃、喉を猛獣に食い千切られたような変死体が発見された。警察はその手口から3年前の組長連続殺人との関連を疑い、2つの事件を繋ぐ重要参考人・紅鈴を追う! 大人気「姫川」シリーズの原点となる衝撃作が復刊。第2回ムー伝奇ノベルス大賞優秀賞受賞作。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
451ページ
電子版発売日
2012年03月30日
紙の本の発売
2010年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年10月14日

    デビュー作とのことですが、完成度は高いと思います。
    ヨシキを助けたのは小柄で長い黒髪の美女だった。加えてかなり強いというのが憧れます。
    暴力団に追われるその美女には人に言えない事情がいくつもある。
    最初の数ページは正直あまり進まなかったので読み切れるか不安でしたが、三分の一を過ぎたあたりから止まらな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月15日

    誉田哲也作品のファンとして、本作で愉しいのは「井岡刑事」の登場であろう…

    「井岡刑事」は颯爽とした女性捜査官、姫川警部補が大活躍するシリーズの「半ばレギュラー」という劇中人物である。職場の上司にウケが悪く、後輩や同僚にも不人気という妙な男で、方々の署を頻繁に異動している…本庁の姫川達が各地の署で捜...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月22日

    ホラー、ファンタジー、警察、恋、誉田哲也の良いところ満載。あと、強い女性が主人公なところ。ヨシキが一途で切ない。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月07日

    紅鈴の心は彼女を慕うヨシキを想い、吸血鬼と化したヤクザと対決する。圧倒的な力を持った吸血鬼の孤独が描かれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月13日

    終わり方が残念すぎる。。
    それまでの話が上手く展開していた分、ずっこけていてビックリ。
    誉田さんは警察物のイメージが強いので、妖奇譚みたいなお話も書いていたんだなぁ、というのが新鮮でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月18日

    あれ、こんな感じの話なんや、と意表をつかれてしまった。

    ヒモのヨシキがとびきり美人な風俗嬢と、
    みたいなアレに騙されちゃったぜ。

    でも、こういう展開の物語は嫌いじゃない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月20日

    デビュー作ですか・・・すごいすね。まんま、誉田さんですw
    ホラー?伝奇ミステリー?警察小説??
    とにかく面白かった!けど、ちょっと切ない。でもって、グロかったですw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月12日

    誉田哲也ならではのストーリー展開。
    相変わらずサクサク読めました。

    吸血鬼が出てくるんだけど、ほんとにありえそうなリアルな描写で。
    紅鈴の話し方が色っぽいけど強い女って感じでかっこよかった!

    それと、なにより姫川シリーズにはたまらない井岡と國奥先生の登場。
    もう少し知ってる人が出てきたらもっと嬉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月21日

    大筋のストーリーとしては、他にも同じようなものがあるけど飽きずに読めました。刑事モノ、バンパイアモノというだけでなく、ちょっと切ない気持ちになるところがあったからかな。紅鈴が誰よりも人間らしいと思いますが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月12日

    誉田哲也のデビュー作。
    首を食いちぎられて失血死した死体が発見され、その犯人を追う話。

    姫川シリーズの原型になったと聞いていたので、姫川みたいな刑事が出て来るのかと思ったら、井岡が出てきた。。

    もう本当にグロテスクな表現が満載で顔をしかめながら読み進めました。
    気持ち悪いんですけど、面白いし先が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています