プラージュ

プラージュ

作者名 :
通常価格 721円 (656円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

仕事も恋愛も上手くいかない冴えないサラリーマンの貴生。気晴らしに出掛けた店で、勧められるままに覚醒剤を使用し、逮捕される。仕事も友達も住む場所も一瞬にして失った貴生が見つけたのは、「家賃5万円、掃除交代制、仕切りはカーテンのみ、ただし美味しい食事付き」のシェアハウスだった。だが、住人達はなんだか訳ありばかりのようで……。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2017年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

プラージュ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月19日

    誉田哲也のプラージュを読みました。
    訳ありばかりのシェアハウスという副題のついたミステリーでした。

    ひょんなことから覚醒剤取締法違反でつかまってしまい、執行猶予中の吉村貴生は住んでいたアパートの火事で焼け出されてしまいます。
    保護司に相談した結果、貴生はプラージュというシェアハウスを紹介されます。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月22日

    再読。

    訳ありの人の集まるシェアハウス『プラージュ』。
    再生の物語。

    オーナー潤子さんの過去を思うと、プラージュを経営する理由が分かります。
    罪を憎んで人を憎まず、とは言うものの、どうしてもそう割り切れないものもあり、そこは難しい問題だと思いました。
    物語や他人事と思うと、こういう試みは素晴らし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月26日

    仕事も恋愛も上手くいかず、勧められるまま覚醒剤に手を出して逮捕され、釈放された翌週に火事で住むところも失った。
    そんな冴えない彼が出会ったのはシェアハウス。
    ドアはなくカーテンのみで男女共同。
    ちょっと変わった住人たちは、みな訳ありの様子で。

    シェアハウスの住人たちと、とある殺人事件を追う記者と、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月27日

    あえて断言したい、この小説は誉田哲也の最高傑作の一つであると。
    この小説のテーマは「犯罪者の更生」。

    主人公・吉村貴生(32歳)はたまたま覚醒剤を使って警察に捕まってしまったごく普通の会社員の男性。貴生は会社をクビ、しかも住んでいたアパートが火事になり、着の身着のままで保護司から紹介されたのがシェ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月10日

    久しぶりにおもしろかった!
    元受刑者たちが集まるわけアリのシェアハウス、プラージュに住む人達の群像劇。

    プラージュに潜入してる記者の視点もはさまれるのだけど、それが誰かは明らかにされない。

    でもだんだんしぼられてきて、あの人か!と思うのだけど、ラストは衝撃的だった!

    そういうオチか!って。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月28日

    語り部が目まぐるしく入れ替わりながら収斂していくストーリー展開。謎の人物は一体誰なのか?この語りは時間軸ではどこなのか?など考えているうちにドップリ引き込まれた。実写も是非見たいと思える出来。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月11日

    殺人事件、警察というオーソドックスなものではなく、
    犯罪というものを通しての人間模様を題していてなかなか面白かった。
    最後の展開は想像していなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    抱えているものの大きさはその人の影でもあり、魅力でもあるのだと…

    どんな苦しい経験も失敗も、魅力に変えられるような生き方ができたらなと思わせてくれる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    訳ありの人を受け入れるシェアハウス「プラージュ」の物語り。主人公は貴生(もとサラリーマン)だけど住人一人一人が濃い。悲しかったり、やはり犯罪は腹立たしかったり、可哀想だったり。
    文中の伸介の家に植木鉢の棚を作りに行くシーンでの伸介の語りが深い。
    ストロベリーナイトや警察物とは違う誉田作品
    必読です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    誉田哲也さんの警察系の小説が好きなので
    きっとこれもそうだろうな~
    なんて内容もよく見ないで読み始めたら…
    考えてなかった系で…おもしろかった~

    冴えないサラリーマンの貴生。なりゆきで使用してしまった覚せい剤で逮捕され何もかも失ってしまう。そこで紹介されたのがシェアハウス「プラージュ」。ここの住人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

プラージュ に関連する特集・キャンペーン