かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。

SF・ファンタジー 17位

かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

祖父の借金のかたに、かくりよにある妖怪たちの宿「天神屋」へと連れてこられた女子大生・葵。宿の大旦那である鬼への嫁入りを回避するため、彼女は得意の料理の腕前を武器に、働いて借金を返そうとするが……?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見L文庫
電子版発売日
2015年04月15日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

アニメ化で話題。亡くなった祖父の借金のかたに、かくりよ(あやかしが棲む世界)にある宿「天神屋」へと連れてこられた主人公・葵。鬼神である大旦那様(美形)に嫁入りしろと言われるが、葵は得意の料理を武器に、宿で働いて借金を返そうとする。天涯孤独だけど明るい主人公と、ツンデレな大旦那様のやりとりが微笑ましい。「千と千尋の神隠し」を連想するような、妖たちの賑やかな世界にもはまります。不思議な世界と、美味しい料理と、ときめきと。楽しく読める作品です。

かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 のユーザーレビュー

    購入済み

    異世界を楽しく描いてます

    あずき 2019年11月14日

    かくりよという鬼や雪女など妖怪のいる世界を舞台に描かれた作品です。主人公はもちろんのこと、出てくる一人一人にきちんと背景があり、それが描かれているのでただ、いいひと悪い人とはなりません。それぞれに感情移入でき、何度も読み返してます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月19日

    この本は、「隠世」というもう一つの世界で、おじいちゃんがつくった借金を働いてかえす、一人の女の子のお話です。いろんなあやかしが女の子と接触し、借金のことについて協力します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月13日

    Tさんのおすすめ。

    やられた。
    主人公、ではなく主人公のお祖父さんに。
    妖を見るだけでなく倒す力もある、風来坊のような男。
    面白いことには目がなく、いい加減で、でも懐が深い。
    それは妖だろうが人間だろうが、惚れる女も男もいるだろうよ。

    そうそう、本筋の方は、主人公がお嫁になるとか何とかで、
    異界...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月15日

    あやかし人情ものとおいしいごはんものがすきな自分がきらいなわけがないたまらんw
    そしておなかがすくw^q^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月18日

    全10巻。
    連載小説を最後まで買うのは初めてかもしれない。

    あやかしが好み、霊力の回復もできる料理が作れる人間の葵。
    隠世(かくりよ)の鬼神、大旦那様。
    2人は結婚するのかしないのかが物語の大筋。

    いろんなあやかしが登場し、人間の葵を食べようとする物も多いが、料理や人柄で味方を増やしていきながら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月09日

    それこそあやかしの王と普通の娘との結婚へ至るあれこれでよくある話ながら、葵の料理の美味しそうなことと人の好さが問題を解決していくのが面白く、どんどんこの先が気になる展開。女郎蜘蛛の鈴蘭の純愛には思わずほろりとした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    ノベル 2018年09月09日

    読めば分かる素晴らしい作品、あとは好みの問題ですね。
    鬼嫁もオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月26日

    かくりよへ攫われ、祖父の借金の返済のために鬼神に嫁入りすることになった葵。とにかく葵がたくましい。いきなり異世界に連れてこられてあやかしに囲まれてもビビることなく自己主張。後半では自分を毛嫌いする土蜘蛛を小脇に抱えて「食べるわよ」と脅したりもする。葵の作る料理も美味しそうだし。次巻ではお食事処が本格...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月05日

    最初は主人公の口調や性格に違和感を覚えたが、料理を通じて周りのあやかしとの絆ができてくると、気にならなくなっていった。
    簡単に作れそうなお料理や、ちょっと手の込んだお料理の描写も興味深い。
    続編も即購入。大旦那様との今後に期待が高まる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月29日

    面白いんだけど、なんか文章のリズムが悪いのかな……。微妙に違和感を覚える時がある。続刊で変わって来るかな。

    このレビューは参考になりましたか?

かくりよの宿飯 のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています