かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。

SF・ファンタジー17位

  • 最新刊

かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

白夜の語った大旦那様の過去を胸に、妖都から脱出した葵は、北の地を治める八葉のもとへ向かう。美しくも閉ざされた雪国で葵を待っていたのは、知られざる美味しい名産品と、懐かしいあの人物との再会で……!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 富士見書房
掲載誌・レーベル
富士見L文庫
電子版発売日
2018年04月13日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

アニメ化で話題。亡くなった祖父の借金のかたに、かくりよ(あやかしが棲む世界)にある宿「天神屋」へと連れてこられた主人公・葵。鬼神である大旦那様(美形)に嫁入りしろと言われるが、葵は得意の料理を武器に、宿で働いて借金を返そうとする。天涯孤独だけど明るい主人公と、ツンデレな大旦那様のやりとりが微笑ましい。「千と千尋の神隠し」を連想するような、妖たちの賑やかな世界にもはまります。不思議な世界と、美味しい料理と、ときめきと。楽しく読める作品です。

Posted by ブクログ 2018年07月09日

もう、どストライクで
仕事もしながらなのに
10日間で8冊目まで読んでしましました。
続きが早く読みたい!
それぞれのキャラクターが個性的で
嫌なヤツかもと見せかけて
基本的に知っていくと悪い人(っていうかあやかし)じゃないってとこが後味よくて好きです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月21日

夜会での金印と引き換えに北の地の名産品と料理を考えることになった葵。久々の春日登場。春日の狸姿ってどんなんなのかな。コミカルな絵しか浮かばない。夜会の為に次巻では文門狸の地へと行くのね。昔葵を助けたあやかしは大旦那様、葵が生まれる前からの呪いとは何なのか?大旦那様は文門の地で守られていたのね。これか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月15日

個人的な好みは承知の上で言うけど、チーズフォンデュは苦手なので今回はあんまり飯テロ的な被害には遭わなかったもしれない。
大旦那様の本名も明かされて、次が楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play