「恩田陸」おすすめ作品一覧

「恩田陸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:恩田陸(オンダリク)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年10月25日
  • 出身地:日本 / 宮城県
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部卒。1991年、『六番目の小夜子』で第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となり、翌年に刊行されデビュー。2004年 『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞受賞。2005年第2回本屋大賞受賞。『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/10/24更新

ユーザーレビュー

  • 蜜蜂と遠雷
    本当に久しぶりに恩田陸を読み、わくわく。
    (実はあらすじから私の好きな恩田陸からは
    離れている気がしていて読む気はなかったのだけど)
    しばらく読書をしていなかったから読みきれるか
    心配でしたが、どんどん読めた。面白い!
    音が聞こえてきそう。
  • 蜜蜂と遠雷
    久々に、数少ない心動く小説に出会えた。素晴らしい。世界は音楽に満ちている。この小説との出会いが、これからの人生が豊かなものになるといい。
  • 蜜蜂と遠雷
    なんという小説に出会ってしまったんだろう。音楽は視覚や言葉で表現できないと思っていました。百聞は一聴に如かずだと思っていました。
    国際ピアノコンクールで若きピアニストたちは、決して「競い合っていた」のではありません。彼らは、音楽を世界に連れ出す「歓び」をピアノで表現していたのです。音で満たされていく...続きを読む
  • 訪問者
    井上唯之とカメラマンの長田はドアが開くのを待っている。ここは山の中の洋館だ。実業家朝霞千紗子が残した建物に住む千紗子の兄弟が二人を迎え入れた。井上は雑誌記者として、事故死した映画監督の峠昌彦の幼少の頃を取材するのだ。峠は子供のころ朝霞家で育てられたから。この山の中の洋館でこれから何が起こるのだろうか...続きを読む
  • 謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー
    全体的に構成がすごくよかった。

    はやみねかおる、恩田陸は関連する本を読んでいた方がおもしろいけれど導入としてもいけると感じた。

    井上真偽はドラマがおもしろかったから、ちょっと期待して読んだら期待通りでうれしくなった。

    アンソロジーはいろいろ摘まめてやっぱりよい

特集