消滅 VANISHING POINT (上)

消滅 VANISHING POINT (上)

作者名 :
通常価格 679円 (618円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

超大型台風接近中の日本。国際空港の入管で突如11人が別室に連行された。時間だけが経過し焦燥する彼ら。大規模な通信障害で機器は使用不能。その中の一人の女が「当局はこの中にテロ首謀者がいると見ている。それを皆さんに見つけ出していただきたい」と言った。女は高性能AIを持つヒューマノイドだった。10人は恐怖に戦おののきながら推理を開始する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2019年01月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

消滅 VANISHING POINT (上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    抜群におもしろい!
    これ初刊2015年なのに「孤独な肺炎」ってのが
    あまりに今の新型コロナウィルスと酷似していて
    旋律が走った。
    久々に寝るのを惜しんで読みたいと思ったおもしろさ。
    下巻が楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    舞台化希望

    オットさま 2020年04月30日

    面白い!
    密室劇の要素を踏まえ、登場人物も限られているので、舞台化したら面白そう。
    登場人物が個性派揃いなので、舞台映えしそう!
    恩田陸の作品の中ではサクサク読める部類なので、コロナ禍で暇を持て余す中、
    一気読みしてしまった。近未来設定ではあるが、今般のコロナ禍を思わせる話題
    も入っており...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月27日

    登場人物が増えていくなかで、途中から名前ではなく特徴(「サングラス男」「ヘッドフォン男」「鳥の巣頭」等)で人物を表していたので、混乱することなく読み進められる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月23日

    いわゆるクローズドサークル的な作品なのかなと。場所が空港で探すのはテロリストという状況ではあるけど。
    ただ情報量が多すぎて(笑)視点もサクサク変わるので、スピーディー。
    とんでもな感じの設定をすんなり受け入れされられるのさすがの作者です。
    後編も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    主体がどんどん切り替わりながら、少しずつ情報が増えていくけど、肝心なところがまだ全然見えなくてモヤモヤする。
    なのにおもしろくてどんどん読み進めたくなる。

    こんなの待ってた!
    下巻も楽しみ!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月06日

    面白いです。空港の入管で突然別室に集められ、「当局はこの中に敬称なしのテロリストがいると見ているので、皆さんで話し合って見つけ出してください」とヒューマノイドに言われる人々…外界は超大型台風接近中で、通信機器も全てダウン。
    ヒューマノイドがぶっちゃけ過ぎるけれど、本当に上はこういうこと考えそうだな…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    恩田陸氏の小説らしく、閉鎖された空間で
    限定された登場人物がちょっとした行動や
    会話を通して、物語の全貌が徐々に明らかに
    なっていく展開です。

    近未来が設定になっているらしいが、現実のことの
    ように感じてしまいます。それくらい小説の設定に
    現実が追いつきつつあります。

    つまり現実の進化のスピード...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月24日

    興味惹かれる、一冊。

    あと一歩で帰宅できたのに…いきなり国際空港の入管で足留めされ、隔離された11人。

    そしてこの中にどうやらテロリストがいるらしい。

    台風という悪天候はもちろん、通信障害、隔離だけでも不安感はハンパないのに、自分以外の誰かをテロリストと疑わなければいけないストレスも加わる展開...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月21日

    上巻を読み終わってなお物語がどう進むのかまったく想像できないにもかかわらず、とても面白いことだけは分かる。
    早く続きが読みたいので、このまま下巻に突入しよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月12日

    まさしく、恩田ワールド。登場人物が多いので途中、途中、頭の中で整理しながら、目は文字を高速で追っていました。下巻も楽しみ、どう結末するのだろか。『消滅』とは?!

    このレビューは参考になりましたか?

消滅 VANISHING POINT のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 消滅 VANISHING POINT (上)
    超大型台風接近中の日本。国際空港の入管で突如11人が別室に連行された。時間だけが経過し焦燥する彼ら。大規模な通信障害で機器は使用不能。その中の一人の女が「当局はこの中にテロ首謀者がいると見ている。それを皆さんに見つけ出していただきたい」と言った。女は高性能AIを持つヒューマノイドだった。10人は恐怖に戦おののきながら推理を開始する。
  • 消滅 VANISHING POINT (下)
    北米からの帰国者に感染力の高い新型肺炎の疑いが生じる。連行は細菌兵器ゆえの隔離、ヒューマノイド対応だったのか。テロ集団は なぜ「破壊」でなく「消滅」という用語を使うのか。様々な憶測が渦巻くが依然、首謀者が誰か掴めない。やがて孤絶した空港に近づく高潮の危険。隔離された10人の忍耐と疲労が限界を超え「消滅」が近づいた時、爆発音が!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています