夜のピクニック

夜のピクニック

作者名 :
通常価格 781円 (710円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年04月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

    まさに、「タイミング逃した〜」と思いました。
    友人忍が、「読むべき本には読むべきタイミングがある」と主人公融に言っていました。
    その言葉をたった今痛感した本です。
    できれば、青春真っ只中の学生時代に読みたかった本です。
    朝の8時から翌日の朝の8時まで歩き通すという行事も珍しく、歩きながらたくさんある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月14日

    高校生という子供から大人へと成長していく中で、
    登場人物それぞれが将来への希望や不安を抱え
    自分なりに答えを探している。
    同級生との会話の中で、今の自分というものを見出して
    歩行祭が進むと共に気持ちが次第に素直になっていく過程が
    良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月06日

    蜜蜂と遠雷を読んでからの夜のピクニック。
    相変わらず読む手が止まらない。
    高校時代に部活を引退する間際に感じたあのモヤモヤした感情を、うまく言葉に表現してくれていた。
    将来子供に読ませたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    高校生活最後の歩行祭。80キロを丸一日かけて歩き通すというイベントで、貴子は同じクラスに在籍する異母きょうだいの融との蟠りを解消するという、小さな賭けに出る…。

    という話。
    歩行祭の一日のみがこの小説の舞台。つまり、ほぼ高校生が歩いているだけの小説。はっきり言って読み始めは、地味な印象が拭いきれな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月29日

    青春の華やかさや苦さ、儚さなどが鮮やかに思い出されます。過去の記憶に寄り添ってくるような作品です。
    膨大なパワーを浪費して駆け抜けていって、振り返ってみればあっという間の期間、モラトリアム。
    大人になった元高校生も、青春を生きる人にも、全ての人に読んでほしい本です。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    第2回本屋大賞受賞作。かなり久しぶりの再読でしたがやっぱり素晴らしい作品です。
    「みんなで夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」というセリフ、まさにその通りですね。たぶん大人になった今では味わうことができない、十代特有の不安定だけど瑞瑞しい感性だからこそ得られる特別な時間。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

    恩田さんの作品二作目に読んだのがこちらでした。先に映画を観てどうしてこの作品が本屋大賞を受賞するような作品なのかと思い読むことにしました。
    読んでみて驚いたのは、映画が非常に忠実に原作をなぞっていたことでした。その事実から感じたのは、この作品では本という文字だけの媒体の方が、映画という映像と音楽を駆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月21日

    24時間耐久のピクニック。休憩や仮眠こそあるが、ひたすら歩く、いうずいぶん過酷な学校の行事内で起きる
    主人公たち心情の揺れ、成長。

    恋愛話、付き合う、付き合わない未満のような
    こういう時期って、大事にしてほしいなと。
    近年は、そういうのすっ飛ばして付き合う人も多いのかもしれないけど、人との付き合い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    もう10年以上前の大学生時代、この小説を買って授業中に読んでいたのに、教室を出るときにうっかり忘れてしまって。取りに戻ったらなくなってて、数日待って落とし物センターに尋ねても届いてなかったという悲しい思い出の染みついた作品。でも、あの時この小説を読み切ったとして、今自分が感じている満ち足りた気持ちを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月02日

    【刺さった内容】
    歩行祭に参加してみたいと思いました。学校行事で「イヤだなぁ」と言いながら実は皆んな少し楽しみな状況が最高と思います。達成感すごいんだろうな。
    【糧になったこと】
    最近困難から逃げてばかりです。長い時間をかけて何かに取り組んで達成感を味わいたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています