隠蔽捜査(新潮文庫)

隠蔽捜査(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 723円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る――。保身に走る上層部、上からの命令に苦慮する現場指揮官、混乱する捜査本部。孤立無援の男は、組織の威信を守ることができるのか? 吉川英治文学新人賞受賞の新・警察小説。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
409ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2008年02月
コンテンツ形式
XMDF

書店員のおすすめ

同じキャリア警察官の主人公「竜崎」と、幼馴染「伊丹」の物語。
とにかく「竜崎」のキャラ設定が秀逸!万事の『原理原則』に忠実で、しがらみの多い警察機構の中、ただひたすら『正論』『理屈』を武器に超合理的に全てを進めていく姿が痛快になってくると、あなたは立派な「竜崎」ファンです。堅物過ぎてヤな奴なのは否めませんが、対照キャラの「伊丹」が、それだけじゃないことを読者に説明してくれます。
的確な判断と部下への指示。こんな上司なら一生ついていきたいっす(かなり堅苦しいけど)。
ドラマ出演者が形容したのは「警察版 半沢直樹」。主人公のキャラは全く違えど、組織内の権力争いとスッキリする読後感は確かに似ているかも。1巻ごとの完結ですが、続巻も読みたくなること必至!そして続巻も期待以上です。(書店員・ラーダニーバ)

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年01月24日

☆4 横山秀夫の警察小説が好きなので、こちらも読んでみた。 サスペンスの要素も多少あるが、内容としては基本的に警察内部の葛藤を描く、企業小説(官僚小説)である。 主人公は普通の警察小説では敵キャラとなりがちなキャリア官僚・堅物なくらい原理原則=建前を貫く。最初は嫌なキャラクターと感じていたが、最後ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月16日

隠蔽捜査シリーズ第一弾。

警察官僚でエリート街道を突き進んできた主人公。
家のことは妻の仕事、東大以外は大学じゃない、直属の部下でも信用はしない。
自分の理想に従い人生を歩んできたが、組織を揺るがす殺人事件に加えて予想外の大問題が起き、今までになく動揺しつつもすべてに真正面から向かっていく。


...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月08日

地味・・・だよねw でも、滋味があってよい。

人間誰しも、本音と建前がある。
朴念仁で変人と揶揄される警察官僚が主人公とはおもしろい。

ブレがない感じなのかと思ったら、やっぱりブレはあるらしい。そこが人間らしくてよい。
頭の中で考えてるうちは、未遂だもんね~。
息子の犯罪にまで四角四面にビシビシ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月25日

今野敏作品、初読み。
今野作品を読むなら「安積班シリーズ」から始めようと、何となく自分の中で決めていた。しかし「(私と)同じ匂いがする竜崎の『隠蔽捜査シリーズ』の方が面白く読めるだろう」という家内の勧めで、本作から読み始めることになった。

主人公は警察庁長官官房総務課課長の竜崎伸也。警察官僚たるも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月25日

今野敏さんにはまったきっかけの本。
最初は良い印象ではなかった竜崎が、読み終わった頃には凄く好きになっていました。かっこいい。
伊丹との関係、やり取り、やり方の違いなども見せ方が上手くて、全く違うようでお互いに補い合ってる感じ。
読み終わったときに、あー面白かったー!と、笑顔になる本。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play