「伊坂幸太郎」おすすめ作品一覧

「伊坂幸太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作配信中!

殺し屋シリーズ配信中!

プロフィール

  • 作者名:伊坂幸太郎(イサカコウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1971年05月25日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:小説家

東北大学法学部卒。2000年『オーデュボンの祈り』でデビュー。同作で第5回新潮ミステリー倶楽部賞の受賞をはじめ、代表作『アヒルと鴨のコインロッカー』、『死神の精度』、『ゴールデンスランバー』で賞を受賞している。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • マリアビートル
    前作のような感じかなと思っていたのだけれど、すごく面白かった。まさか新幹線での事件だとは。いろんな人が関わってきて混ざってきて、絡まって絡まって。
    スピード感と爽快感。

    蜜柑も檸檬もとても好きだった。
    そして、伝説のふたりにはすかっと、させてもらった。
  • AX アックス
    良かった!
    伊坂さんの作品には珍しく、最後は泣きそうだった。
    殺人を仕事とする彼にも家族がある。
    奥さんには絶対的に頭が上がらず、息子には絶対的な愛情を持っている。
    ちょっと滑稽な彼が最後に決断したことが息子にも繋がりと、家族物語だったのかとさえ思える。
    良かった〜。
  • AX アックス
    待望の殺し屋シリーズ。

    突如現れる殺し屋たち。
    街ゆく人々の中にも、もしかしたら殺し屋が潜んでいるのではないかと、人を疑ってしまいそうになる。

    恐妻家の兜の気持ちが痛いほどよくわかる。
    それでも、守るべきは愛すべき家族。
  • キャプテンサンダーボルト 上
    久しぶりに「徹夜本」と言える本に出合えた感!タイトル見ただけでは何を意味しているのか判らない。それに読みはじめも、なんの話ー!?と、全然つかめないのに引き込まれる、まさに伊坂ワールド。登場人物多い、場面多い、これどうやってつながるの?的な展開。だけど、上巻を読み終える頃には続きが気になって気になって...続きを読む
  • アイネクライネナハトムジーク
    人の縁にスポットを当てた作品でした。簡単に言うと短編小説集ですが、一作一作魅力的な主人公がいて、その主人公と意外な形で縁を持つ別の主人公が連なり1つの作品になっています。ストーリーがダレないのに、緩急があってそのまま最後もう一度熱い展開をみるという構成が、素敵で読み応えもあるのですが、何よりも読みや...続きを読む

特集