「伊坂幸太郎」おすすめ作品一覧

「伊坂幸太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作配信中!

殺し屋シリーズ配信中!

プロフィール

  • 作者名:伊坂幸太郎(イサカコウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1971年05月25日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:小説家

東北大学法学部卒。2000年『オーデュボンの祈り』でデビュー。同作で第5回新潮ミステリー倶楽部賞の受賞をはじめ、代表作『アヒルと鴨のコインロッカー』、『死神の精度』、『ゴールデンスランバー』で賞を受賞している。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 砂漠
    ※若干ネタバレ含みます



    伊坂幸太郎の書く青春小説。
    大学生四人の生活を、軽妙な筆致とユーモア溢れる会話劇を交えて物語を展開してゆき、伏線を回収しながら驚きのオチを迎える。

    と、いうとあまりに平坦だが、「大学生」という限りあるそして美しきモラトリアムの時間が過ぎ去る早さを、少しの切なさを交えて...続きを読む
  • マリアビートル
    読んだ順番は、

    AX → グラスホッパー → マリアビートル という順番。

    登場人物が重なるので、グラスホッパー、マリアビートル、AX が順番としては良さそうです。

    三作読んで、何かしら弱い部分がある登場人物たちが、魅力的。

    本当は悪い人じゃないんじゃない?と思われてしまうのですが、多分出会...続きを読む
  • 陽気なギャングの日常と襲撃
    続編。

    解説にある通り、伊坂作品で続編はこれだけ。

    読み応えがあり、伏線は見事に回収され、キャラクターがブレることなく生き生きと躍動している。

    吸い込まれるように読んだ。
  • アイネクライネナハトムジーク
    短編集とあったが、期待通りそれぞれが絡み合って繋がった。途中から登場人物が覚えきれなくなって、メモを取りながら読み進めたが、人物が出てくるたびに、この人はもしかしてあの時の…なんて、想像をしながら読んでしまった。
    斉藤和義もよかった(^^)


    アイネクライネ…藤間さんとその後輩佐藤
    ライトヘビー…...続きを読む
  • AX アックス
    もっとはやく読めばよかった。殺し屋シリーズ。
    途中、これはどう終結させるつもりなんだろう…と思っていたら真田丸ばりの呆気なさで驚いた。
    でもとても好き。落とし前ってこういうことなのかなと思う。
    最終章もとても好き。出会いなんだね。

特集