砂漠

砂漠

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 794円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

この一冊で世界が変わる、かもしれない。仙台市の大学に進学した春、なにごとにもさめた青年の北村は四人の学生と知り合った。少し軽薄な鳥井、不思議な力が使える南、とびきり美人の東堂、極端に熱くまっすぐな西嶋。麻雀に勤(いそ)しみ合コンに励み、犯罪者だって追いかける。一瞬で過ぎる日常は、光と痛みと、小さな奇跡で出来ていた――。 明日の自分が愛おしくなる、一生モノの物語。限定の書き下ろしあとがき収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
512ページ
電子版発売日
2017年11月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    5人の大学生が学生特有の悩みを抱えたり、複雑な人間関係に陥りながらも、身近に起きる事件を協力して解決していく話。

    大学生ということもあり親近感があったからか、スラスラと読むことができた。途中の麻雀用語はよく分からなかったが、笑

    最後の学長の「学生時代を思い出して、懐かしがるのは構わないが
    あの時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月04日

    最高だった。伏線回収はさることながら、話のボリューム感、キャラ設定、そして当時の世相も映していて、個人的最高青春小説!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    何冊目かの伊坂幸太郎。

    西嶋が好き。
    電車とかで読んでると、たまにププってなって困る。押しつけすぎないメッセージ性が好き。
    でも、大学時代に出会っていても友達にはなれないタイプだ。歳をとって、こういう人って貴重だなぁと思えるようになった。

    「やりきれない話」が本当にやりきれなかった。

    でも、歴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月12日

     伊坂さんで検索して、評価が高いだけの理由で読みましたが、出会えて良かった作品。
    西嶋みたいなタイプに出会ったら、今までの自分なら面倒だからと関わりを持たなかったと思う。
    今は勿体ないことをしてきたかもと嘆きすらすることが不思議。
    口だけではない西嶋みたいな人はなかなかいないだろうけど、付き合う前か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月14日

    個性的な登場人物の描写が印象に残る作品だった。特に本作の主人公である北村よりも西嶋の性格は読んでいてとても興味を引き立てられた。タイトルである『砂漠』という環境の中で彼らのような波乱万丈な大学生活を感じられてとても良かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    青春の一冊

    matchxmmtr 2020年06月12日

    gogleのおすすめのサイトを見て購入。
    面白くて一気読みでした。
    初めて伊坂幸太郎さんの本を読みましたが他のも買いあさってみようと思います。
    学生、社会人どちらでも楽しめる一冊だとおもいます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月25日

    大学生の人は学生時代のうちに絶対読んでほしい!
    あっという間にすぎてしまう大学生活で、懸命に今を刻もうとする登場人物たちに共感。それぞれキャラの濃い5人がとても愛おしく、年月をかけて気づかぬうちに変わっていく彼らの心情にのめり込みます。いつのまにか読者の視点から、彼らの仲間になったような気持ちで読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

    20191114再読
    仙台市の大学に進学した鳥瞰型の北村は、タイプの違う4人の同級生と親睦を深めていく。子ども時代の終わりであり、大人時代の始まりの時期の青春の輝きと、痛み。
    今の伊坂さんの作品から見ると、原形はあるものの「らしさ」が足りないようにも思われるが、昔から大好きな作品。後書きを読んで、同...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月29日

    久しぶりの伊坂幸太郎。
    この本、めっちゃ好き。
    誰もが西嶋のように物事の矛盾をなんでや!と熱い想いで言えたらいいのにな、なんて。
    最後の最後の主人公のセリフなんかも西嶋に影響を受けた感じがして良かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    春が終わる頃になんかハマってきて、夏が終わった頃にはすごく好きになってた。やっぱり伊坂さんの作品はとても楽しい。
    途中でもしかして、と思ったものがあってて嬉しい。そしてうまく繋がる爽快感に、別の意味の爽快感。
    楽しかった!

    学生時代とこれからの砂漠。彼らの大学生活からなにかを教えられた、なんてこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています