「ちくま新書」おすすめ作品一覧

「ちくま新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2018/04/17更新

「ちくま新書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • アベノミクスが変えた日本経済
    昭和恐慌研究会のメンバーの皆さんは非常に精力的に活躍されているが,専大の野口先生もそのお一人。毎回,本を頂戴するたびに頭が下がる。

    今回のちくま新書もアベノミクスの成果をデータでもって整理し,正しく評価している。とくに雇用の改善については,多くのページが割かれており,まさにアベノミクスの成果がその...続きを読む
  • これだけは知っておきたい 働き方の教科書
    【目次】
    はじめに

    第1章 働き方の仕組みを知る
    1 私たちはなぜ働くのか?
    生活のために働く
    稼得能力を向上させるために働く
    仕事を通じた自己実現のために働く
    2 なぜ人と協力して働くのか?
    自給自足には限界がある
    分業と交換の重要性
    比較優位の原理
    比較優位の原理と使い方
    「すべての人に出番が...続きを読む
  • 教えることの復権
    教えることの専門職としての教師の役割についてはっとさせられた。自分がはっきり言葉にできないまま今まで来てしまったのを大村はま先生と刈谷夫妻が引き出してくれた。
    「社会人でも勉強はできるが、学ぶことだけを専門にしている時間は生徒、学生でいる間だけ。学校という場があって、教える専門職の教師があって、その...続きを読む
  • 現代語訳 武士道
    古い日本語版武士道より読みやすく、古い日本語版を読んでいた事もあり理解し易かったです。
    この現代語訳武士道の第1版が2010年に出版されたので、それまでは、古い日本語版しかなかった事を思うと、現代に生きる日本人にとって現代語訳版の方で多くの人に読まれると良いと思います。
    本書の最後に書かれてる解説は...続きを読む
  • 美術館の舞台裏  ──魅せる展覧会を作るには
    これまでにも何冊ものアート関連の本を読んできましたが、小難しくて頭を抱えるものが多かった。でも、これはアート初心者にもやさしく解説されているのでさらっと読める。本著は「現代アート」よりも著者が強みとしている近世の「西洋アート」を中心に語られている。
    でも、美術館ってこういうふうにして運営されていて、...続きを読む

特集