「ちくま新書」おすすめ作品一覧

「ちくま新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2019/01/18更新

「ちくま新書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • チベット仏教入門 ──自分を愛することから始める心の訓練
    この人の文章は誠実さを感じ、とても信頼できる方だと思った。また、チベット仏教について理解が進んだ。中沢新一の著書の引用があるのに、その名前を出さないことが気になった。オウム真理教事件と中沢新一の関係性に対する抗議なのかも知れないが、ここはしっかりと批判した上で、著作そのものの良い点を紹介して欲しかっ...続きを読む
  • 働く女子のキャリア格差
    2019/1 線を引いたところだけを再読

    あらためて、社会に出てうまく働いている女性は上司とのコミュニケーションを大事にして(産休中までも!)自信のやる気をきちんと伝えるをしている、
    それが女性側にも必要な努力だと感じた。

    育休復帰した方と仕事をする時や、自分が産休から戻る時などに困った時に...続きを読む
  • 現代語訳 学問のすすめ
    さすが一万円札になっただけの人、と言ってしまうとかなり上から目線になってしまうが、率直にそう思った。
    まだ江戸時代の価値観が多く残っていたであろう明治の初期に、民にも独立の気概が必要、男尊女卑の批判など現代においてもなお色褪せていない事を説いていたからこそ、今の文明があるのだろう。

    現代語訳にした...続きを読む
  • やぶにらみ科学論
     リバータリアンたる立場をとる著者の科学論エッセイ。
     外来生物種や地球温暖化についての捉え方は、しかし、理にかなっているとおもう。
     この世の中、原理主義ばかりが受け入れられて横行しているのではないか。
  • 入門 老荘思想
    近年出土した文献(木簡)によって老荘思想に関する新たな研究が行われているさまと、老子・荘子の「出身地」にまつわる状況がとても興味深い。 通行本と出土文献に使われている文字の差異から、文章の変化の様子やこれまでなされてきた解釈が検討しなおされている。

特集