「野口旭」おすすめ作品一覧

「野口旭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/01/29更新

ユーザーレビュー

  • 構造改革論の誤解
    2000年初頭に盛んに話題となった「構造改革論」についての、思い違いや日本経済に必要な経済政策の処方箋を分かり易く著してくれています。経済学の教科書で学んだ総需要曲線や総供給曲線の実際の経済に於ける見方が分かったのは個人的な収穫でした。勉強になりました。
  • 構造改革論の誤解
    構造改革と言われて久しいが、実はバブル崩壊後から続く日本のデフレ経済というものは、日本銀行をはじめとする、金融政策の失敗が原因であった。それを構造改革という事にすり替え、経済を疲弊させてしまった。
    そのことがつぶさに描かれている良い本である。
    結局今回の黒田日銀の誕生によって、やっと正しい金融政策が...続きを読む
  • グローバル経済を学ぶ
    クルーグマンの教科書だと分厚すぎて読むのに疲れる内容をコンパクトにまとめてくれてる。

    主にグローバリズムに焦点を当てて、比較生産比説、ヘクシャ=オリーンの定理、経常収支に関する俗論を論破している。

    目からウロコ。
  • グローバル経済を学ぶ
    貿易収支、比較生産費原理、、、等々
    平易な言葉で説明されており分かりやすい。
    なんかこの著者、同じような内容の本をたくさん書いているような気がするけど、ま、いっか。
    面白いし、まいっか。
  • エコノミストたちの歪んだ水晶玉―経済学は役立たずか
    インフレ・ターゲッティングを通じた「デフレ阻止」が受け入れられるのはアダムスミスのいう「共感」に満ちた社会であるか否かにかかっている。小泉内閣の「痛みに耐える構造改革」に対する熱狂は、その痛みを味わうことになるのは「自分とは別の誰か」と考えたからかもしれない。残念ながら、我々の社会とは他人の「いい思...続きを読む