「本田由紀」おすすめ作品一覧

「本田由紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/08更新

ユーザーレビュー

  • もじれる社会 ――戦後日本型循環モデルを超えて
    教育、仕事、家族の問題の本質について、構造的に明らかにしており、いずれの論点もうならせられるもの。興味深い。
    ただ、指摘は鋭いが、具体的に政策としてどのように落とし込めるのかという点はやはり弱い。それを少しずつ、具体化させたいと思う。
    以下、特に印象に残った点。これ以外に、最終章のなかの「親としての...続きを読む
  • 教室内(スクール)カースト
    現高校生の者です。少し、自分の経験と照らし合わせながらスクールカーストについて書いてみたいと思います。
    僕は、中学生の時どちらかといえば下位層でした。成績は良かったので、完全なる最下位層になることはありませんでしたが、劣等感というのは感じていました。スポーツも得意で無かったですし。

    そんな僕に、中...続きを読む
  • 希望難民ご一行様~ピースボートと「承認の共同体」幻想~
    ピースボート、若者達が集う
    世界一周の客船旅行。
    そこには、生きる目的を求めて
    意気揚々と乗り込んだ「希望難民」が
    どのように変容していったかが、
    ありのままに描かれている。そして、
    希望難民達の姿は、そのまま
    今の社会の縮図になっていると
    著者は指摘している。

    若者達の社会に対する閉塞感、
    それ...続きを読む
  • 希望難民ご一行様~ピースボートと「承認の共同体」幻想~
    世界一周99万円のポスターが巷のあふれるピースボード。横浜停泊中の船内見学会で一度、宿泊場所を見たけれど、狭いし、窓もないし、こんなところに閉じ込められて旅行できるか!と中年のおっさんは思った。

    なので、このピースボードに乗る人の大部分は20代から30代の若者。個室もあるので、観光目的の中年や老年...続きを読む
  • 希望難民ご一行様~ピースボートと「承認の共同体」幻想~
    よく最近目にしていたけど詳しくは知らなかったピースボート、そして旅そのものを、分析的に見ていて面白かった。引用や参考文献もたくさん使われていて構造や主張内容も理解しやすかった。若者が目的性を持って集まったはずなのに、コミュニティとして共同性に浸って目的性がなくなっていく、という主張やキャリアライダー...続きを読む