「岸見一郎」おすすめ作品一覧

「岸見一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:岸見一郎(キシミイチロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:医師

京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。主な著書として『嫌われる勇気』(古賀史健・共著)、『アドラー心理学入門』、『困った時のアドラー心理学』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/05/23更新

ユーザーレビュー

  • 嫌われる勇気
    他の本やネットなんかでもアドラー心理学について読んだことはあって、アドラーの基礎的な考え方は理解していたつもりだけど、忘れてることが多々あり、作中の青年に自分を重ねながら、新鮮な気持ちで読めた。

    過去や周りの気持ちに縛られてる自分。この青年のように、いまから「勇気」を持ちたいと思う。

    作中で青年...続きを読む
  • 嫌われる勇気
    わたしは誰かの役に立てている
    =貢献感がある
    =幸福

    馬を水辺に連れて行くことはできるが、
    水を呑ませることはできない。
  • 嫌われる勇気
    売り上げ100万部を突破し、ドラマ化も実現した本作。
    文章が全て会話のみで展開されていくという珍しい作品です。
    アドラー心理学について説明しているのですが、アドラーはあの「人を動かす」の著者カーネギーや、「7つの習慣」の著者スティーブン・R・コヴィーに影響を与えた人物だと言われています。
    これからの...続きを読む
  • 嫌われる勇気
    「貢献」への理解を深め,しっかりと落とし込むためにも,とても良い本.
    文章も平易で解りやすく,オススメ‼︎
  • 嫌われる勇気
    今までの人生の考え方の根底を覆された。アドラー心理学の取っ掛かりとして有用な一冊。
    岸見式アドラー心理学はまさしく私の人生を変えるものとなるだろうと思わされた。何度も読んで、自分の血肉にしていきたい内容でした。

特集