「岸見一郎」おすすめ作品一覧

  • 作者名:岸見一郎(キシミイチロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:医師

京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。主な著書として『嫌われる勇気』(古賀史健・共著)、『アドラー心理学入門』、『困った時のアドラー心理学』などがある。

作品一覧

2017/04/25更新

ユーザーレビュー

  • 嫌われる勇気

    全ての人に勧めてしまいたくなる本。
    でも、それってきっと駄目なことなのかなぁと思ったり。
    その人が自然にこの本と出会って、読む時が、1番いい読み時なんだろうな。
    誰しもが、少なからず当てはまる部分があると思う。自分の殻から抜け出せない、人との付き合い方に迷う時…。
    人生の節目に読み返したい。
    行動に...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 嫌われる勇気

    目的論〜したくないから〜という感情をつくる
    人は不幸な自分を選んでいる
    人は自分で選んだライフスタイルでいきてる。
    人は変わらないという決断をしている。
    重要なのはなりたい自分にかわる勇気
    承認欲求は縛りになる

    行動面の目標
    ①自立すること
    ②社会と調和してくらせること

    この行動を支える心理面...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智恵

    新しい時代の幸福論。
    とは言っても、書かれてあるメッセージは古代から変わらないのでしょう。
    ただ、健康が約束され長寿の時代に、人が人生という時間にどう向き合うべきか。幸福度が絶望的に低い、この現代に、幸福は「どこ」に「ある」のか?
    不幸だと感じている多くの人々が知りたがっている、シークレットがここに...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集