「岸見一郎」おすすめ作品一覧

「岸見一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:岸見一郎(キシミイチロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:医師

京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。主な著書として『嫌われる勇気』(古賀史健・共著)、『アドラー心理学入門』、『困った時のアドラー心理学』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/27更新

ユーザーレビュー

  • 嫌われる勇気
     ドラマから接した本。会話文が読みづらかったけど、ドラマからなら分かりやすいのでは。
     自己啓発書のデビューとしては読みやすいのでは。ドラマを観ていた中学生は熱心に読んでいた。
  • 幸せになる勇気
    課題の分離ー自分の課題ー誰も介入させてはいけない
    ー他者の課題ー誰も介入してはいけない
    例)誰かに嫌われいようと、それは嫌っている人の問題
    自分でコントロールすることはできない
    他者の評価等は気にせず、自分の信じる道を行くのが良い

    教育の1番の...続きを読む
  • 嫌われる勇気
    ベストセラーと呼ばれるだけのことはある。

    人が抱える悩みを解明してくれるアドラー心理学の入門書としておすすめ。

    やはり心理学だけあって、心に抱く感情や事象を科学的に説明してくれる。

    ぜひ読んでみてほしい。
  • 嫌われる勇気
    対話形式で読みやすい。
    アドラー心理学は初めて聞いた言葉だったが、普段私たちが直面しがちな事柄の対処法や考え方を学べた気がして、もっと知識を深めていきたいと思えた。
  • 幸せになる勇気
    7つの習慣でもたしか愛と言う単語は愛するという動詞であると書いてあったけど、この本でも愛は主体的なものであり、決して受け身ではいけないと説いている、子供時代を除いて。自立出来ていない人間のなんと多いことか。

特集