嫌われる勇気

嫌われる勇気

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
紙の本 [参考] 1,620円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。日本では無名に近い存在ですが、欧米での人気は抜群で、多くの自己啓発書の源流ともなっています。本書では、アドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏がライターの古賀史健氏とタッグを組み、哲学者と青年の対話篇形式で彼の思想を解き明かしていきます。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2013年12月20日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年10月14日

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 
岸見一郎 古賀史健 ダイヤモンド社

青年と哲人の対話によって
フロイトやユングの「過去に視点を置く原因論」に対して
アドラーは「今に視点を置く目的論」を説き
原因論は過去の利権である手段を目的にスリカエた論なのだろう
目的論はソクラテスやプラトンや...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月12日

所謂、自己啓発本は苦手なんやけど、この本は違う!というレビューが多かったので手にとることに。

物語形式で進むので、アドラーの思想導入としては非常に入りやすい。さらっと読み飛ばした自分が悪いのだけど、ちょっと軽い気もする。言葉が行ったり来たりするから、結局何なのか頭に入りにくい。あの頑固な青年ちゃん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月07日

私なりの解釈…
モヤモヤしながらもなんとか自分なりに咀嚼してみた。参考に100分de名著も観た。で、判ったことは、
アドラーの言う「全ての悩みは対人関係にある」はやはり間違っている。でも、このアドラー心理学は対人関係に悩めるあらかた(全てとは言い切れない)の人に有用である!ってこと。
なるほ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月05日

対話方式というのがとても読みやすかった。ちょっと難しいかな、と思うようなところも「青年」が問いかけ、「哲人」がそれに答え、「青年」がわかりやすい表現にして文章にしてくれている。
内容は「なるほど、そうか」とうなずける部分が多かったです。定期的に何度も読むとか、手元に置いて、読む習慣をまずつける、とい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月27日

勇気づけられた一冊だった。
実は若い頃から、この書にもあるアドラーの教え「対人関係のカードは自分が握っている」ということは、潜在的に思っていて、でもそれに自信が持てなかったというか、正しいのか自分勝手なのかわからないでいたが、この書を読んで、それで良かったんだ、と思えた。(なんだ、私ってアドラー先取...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play