「門田美鈴」おすすめ作品一覧

【門田美鈴】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/12更新

ユーザーレビュー

  • チーズはどこへ消えた?
    2000年に出版された本ですが、手に取ることなく今まで過ごしていました。
    もっと早く読めば良かったと思わせるような本です。

    ですが、きっと手に取った時が必要な時という事なのでしょう。
    読んでみると心理学者である著者の、シンプルなメッセージが心にすとんと落ちてきました。
    三部構成になっているので、物...続きを読む
  • チーズはどこへ消えた?
    20年始前ぐらいに流行って、今も称賛される本です。
    自分の大切なものは何か、それはずっと今後も不変なものなのか、それについて客観視できる本でした。
    ストーリーもわかりやすく、共感しやすいので、ちょっとグサッときますが、大切なことを伝えてくれます。
  • チーズはどこへ消えた?
    あっという間に読み終えられるシンプルさ。だが、その中身は濃い。物事をシンプルに捉える重要性や迅速な対応がもたらすメリットが、物語を通じて入ってくる。すぐに読めるからこそ、何度も読み返し、その時々で自分を見直すのに適している本だと思う。

    チーズをただのチーズとして読むのではなく、今の自分にとっての古...続きを読む
  • チーズはどこへ消えた?
    【本書に興味を持つきっかけとなった記事】

    自分が決心する時期というのは、とっくにベストなタイミングを過ぎている。物事のベストなタイミングは、あなたが考えているよりずっと早い時期にある。賢い人は、人生のすべてのタイミングをベストに設定して乗り換えている。そこに強い執着を持たず、勇気を持って新しいもの...続きを読む
  • チーズはどこへ消えた?
    2匹のネズミと2人の小人の物語。
    それぞれ特徴的な性格を持っていて、どこか自分に当てはまる。
    物語が進むにつれて、あー、そうかと腑に落ちる。
    何かをやろと思ってる人は読むべき物語。