「古賀史健」おすすめ作品一覧

「古賀史健」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:古賀史健(コガフミタケ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本

『嫌われる勇気』(岸見一郎・共著)、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズなどを手がける。

作品一覧

2016/02/26更新

ユーザーレビュー

  • 嫌われる勇気
    何度も読み返してます。
    まだまだ人生のタスクからは逃げ出したくなりますが、その度に読み返してます。
    自由になるための勇気を得られる本です。
  • 嫌われる勇気
    色々な哲学書や啓発書があるが、やっぱりこれ。
    ここに出てくる青年はまさに自分のようだ。
    いくつになっても自分に自信が持てないのは他者の人生を生きているから。そうではなく、嫌われても自分の思いを持って生きる。
    繰り返し読み返して自由に生きていきたい。
  • 幸せになる勇気
    「愛し、自立し、人生を選べ」
    人は愛する勇気を持つことで共同体感覚を得られ始めて幸せになる。
    前作に引き続き勉強になりました!
    そして最近「愛する」の難しさを改めて感じていた私に改めて人生を考えるきっかけを作ってくれた本でした。

    私のことを少し話すと、1年ぐらい前ちょっと婚活なるものをしてました。...続きを読む
  • 嫌われる勇気
    人からの評価を求めているうちは
    自分の人生を生きていない。

    普通であることの何がいけないのか


    人より何か抜きん出たものがないといけないと思っていた。
    けれどもそうではない。
    人と比べたところで意味はない。

    自分を受け入れ
    いま、ここ
    にスポットを当てる。

    そんな生き方を。
  • 嫌われる勇気
    アドラー心理学を説く「哲人」と哲人の元を訪れた「青年」の対話によって物語が綴られています。対話形式のため読み進めやすく、青年と同じ目線で段階的にアドラー心理学が学べます。内容も充実しており、とても読み応えがありました。何度か読み込むと、各章の論理の展開の”繋がり”がより明らかになり、理解が進むと思い...続きを読む

特集