古賀史健の一覧

「古賀史健」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:古賀史健(コガフミタケ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本

『嫌われる勇気』(岸見一郎・共著)、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズなどを手がける。

作品一覧

2016/02/26更新

ユーザーレビュー

  • 幸せになる勇気
    少し経ったらもう一度読みたい。
    嫌われる勇気では消化不良だった共同体感覚がちょっとづつわかってきた。
  • 嫌われる勇気
    嫌われる勇気 アルフレッド アドラー アドラー心理学

    幸せになるための三原則

    1承認欲求を捨てること
    人の評価でしか自分の価値を実感するようになると、いつしか認められるために行動するようになる。
    他者からの評価に怯え、他者の期待を満たすために生きているのではない。
    ●自分が自分のために生きないの...続きを読む
  • 嫌われる勇気
    5年ぶりの再読。

    5年前に読んでるはずなのに、見当違いのところにばかり付箋がついていて驚く。
    で、再読なのに自己容認もやっぱりまだまだできていない自分に気付かされます。

    これは何度も何度も読みたい。
    今は青年の視点だけれど、いつか哲人の目線で読めるようになりたい。
  • 嫌われる勇気
    アドラー心理学初めて知った
    哲学的
    社会主義的な感じも受けた

    とてもシンプルな考え方だが、どうもフィットしない
    それを解消してくれようとしてくれる良い本

    キーワードを頭に入れて、普段の暮らしに当てはめてってみたい
  • 嫌われる勇気
    目から鱗が落ちるというのは、さしてこのことなのだろうな。
    今一番、自分に必要としていることを哲人と青年が代弁してくれたような気がする。
    というのも、どの社会においても免れないグループワークの難しさと大切さを最近痛感させられっぱなしだったからである。アサインメントにコミットしないバディーや自分の意見を...続きを読む

特集