プロフィール

  • 作者名:古賀史健(コガフミタケ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本

『嫌われる勇気』(岸見一郎・共著)、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズなどを手がける。

作品一覧

  • さみしい夜にはペンを持て
    4.3
    1巻1,650円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 『嫌われる勇気』古賀史健が、はじめて13歳に向けて書き下ろした「書くことで自分を好きになる」本。他者より先に、自分との人間関係を構築しよう。うみのなか中学校に通うタコジローが、ヤドカリおじさんに出会い「日記を書く」ことを通じて新しい自分を見つめる寓話。イラストもたっぷりで読書が苦手な子も読みやすい。なんとなくさみしい。なんとなく消えたい。そんな孤独な夜に寄り添い「ひとり」になる勇気が持てる一冊
  • 取材・執筆・推敲―――書く人の教科書
    4.7
    「この一冊だけでいい。」 100年後にも残る、「文章本の決定版」を作りました。(担当編集者:柿内芳文) 編著書累計93冊、1100万部! 世界的ベストセラー『嫌われる勇気』のライターが教える、書く技術・伝える心得の永久決定版! ライターや編集者はもちろん、すべてのクリエーター必読・必携!!
  • 幸せになる勇気
    4.2
    1巻1,485円 (税込)
    3年ぶりに哲人を訪ねた青年が語る衝撃の告白。それは「アドラーを捨てるべきか否か」という苦悩だった。アドラー心理学は机上の空論だとする彼に「貴方はアドラーを誤解している」と哲人は答える。アドラーの言う、誰もが幸せに生きるためにすべき「人生最大の選択」とは何か? 貴方の人生を一変させる哲学問答、再び!
  • 嫌われる勇気
    無料あり
    4.5
    1巻0~1,320円 (税込)
    フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。日本では無名に近い存在ですが、欧米での人気は抜群で、多くの自己啓発書の源流ともなっています。本書では、アドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏がライターの古賀史健氏とタッグを組み、哲学者と青年の対話篇形式で彼の思想を解き明かしていきます。
  • さみしい夜にはペンを持て

    Posted by ブクログ

    文章量は、単行本ですが、文字が大きく読みやすいです。
    主人公の中学生タコジローはヤドカリのおじさんと出会い、日記を書くことの大切さを教わる。
    たった10日間の出来事ですが、
    私は読み終わってとても大切な心の整理方法を一つもらえた気がしました。

    0
    2024年06月09日
  • 嫌われる勇気

    Posted by ブクログ

    前から読もうと思っててやっと読めた〜!
    最近アドラー心理学の別の本も読んだが本書でさらに理解が深まった。

    「青年」がすぐに怒るので初めは読んでて疲れてしまったが途中から青年が怒るのは青年の問題であるというアドラー心理学の考えによって無事最後まで読めた。笑

    「他者に貢献すること=自分の幸福に繋がる」とか「過去や未来ではなく"今"を生きる」とか「自分次第で世の中の見え方が大きく変わる」いうような内容はこれまで読んできた本にもたくさん書かれていたけど、この本ではアドラー心理学をベースに対比や具体例を用いてわかりやすくまとめられていた。
    身近なちょっとした悩みや、先日友人から相

    0
    2024年06月07日
  • 幸せになる勇気

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    最初はまどろっこしく読みにくいが、だんだん読み進めていくと、どんどん先に進める。
    子供の問題行動をあげて、人の行動の根源を伝えていく。人間は弱いからこそ、共同体を作り、承認欲求を持ち、所属感や自分の価値を欲する。
    普通であることを受け入れ、「与えよ。さらば与えられん」の精神を持つ事、愛する勇気が幸せになる勇気と言えよう

    0
    2024年06月06日
  • 嫌われる勇気

    Posted by ブクログ

    少し難しいと感じる部分もあった。でも嫌われる選択をするほうが楽になることもあると学ばせてもらった。確かに嫌いな人に合わせるより、嫌われて避けてもらうほうが自分らしく生きれるなと思った。

    0
    2024年06月06日
  • 嫌われる勇気

    Posted by ブクログ

    「みんなに好かれたい」「嫌われないように無理して笑おう」
    自分自身が生きづらいと感じていた心のもやもやを、取っ払ってくれた本です。
    何度も読み返して、自分の課題と他人の課題を一緒にしないようにしていきたいと思いました。

    0
    2024年06月03日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!