「古賀史健」おすすめ作品一覧

「古賀史健」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:古賀史健(コガフミタケ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本

『嫌われる勇気』(岸見一郎・共著)、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズなどを手がける。

作品一覧

2016/02/26更新

ユーザーレビュー

  • 嫌われる勇気
    過去のいくつかの経験から自分が感じていたことが、この本を読むことで頭の中で体系化され、繋がった気がします。
    「点」が「線」になるような。

    とはいえ、今までベースとしてきた原因論が覆るため、書籍にも記載されている通り、自身が生きてきた半分の時間を使わないと自分の中に落とし込めないなと思いました…。
    ...続きを読む
  • 嫌われる勇気
    すごく影響を受けた本。
    他人の評価に依存し、そこにしか幸せを見出せない自分にはグサグサとくる内容があまりにも多く、途中で読み進めるのが辛くなって放棄したくらい。
  • 嫌われる勇気
    自分の中で何かが変わったような気がする。勇気を出すことで本当に幸せになれるのか?ただ、自分を押さえたままでは人生楽しくないのは間違いない。勇気を出してみようと思った。
  • 嫌われる勇気
    一人の青年と賢人が問答式でアドラー心理学を紐解く。7つの習慣など、共感をもった啓発書がこのアドラー心理学をベースにしていたので、この概念にはそれほど抵抗感なく入れたと思う。物語として最後の展開が少し急なようにも感じたが、アドラー心理学を理解するには申し分ない内容。上手く言えないが、過去の自分を一切顧...続きを読む
  • 嫌われる勇気
    幸福とは貢献感である。共同体感覚さえあれば、承認欲求は消える。
    その境地にはなかなかなれないなぁ。

特集