「佐藤航陽」おすすめ作品一覧

「佐藤航陽」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/04/28更新

ユーザーレビュー

  • 未来に先回りする思考法
    イノベーションが日本では起きにくい理由、Googleの20%ルールの目的、ロボットに仕事が奪われるのか?など、ふむふむ!と理解できたり、読んでいてとても楽しい本。
  • 未来に先回りする思考法
    ◯国家が形式的には残るだろうと考えられるのは、時代が変わり「必要性」が変わったとしても、国家は法律や規制を制定することで、世の中の流れを多少遅くすることができるからです。(106p)

    ◯最低限の生活を保障する役割自体も企業が担うことはできないでしょうか。(164p)

    ◯自分も他人もうまくいくと考...続きを読む
  • 未来に先回りする思考法
    一読してしただけでは、圧倒的な情報量でちょっと消化不良ですが、これから先を生きていく上で、とても勉強になるまさに『思考法』を得たように思います。
    ロジカルシンキングの限界や、必要性が生むイノベーション、テクノロジーがあらゆる二律背反を溶かす、時間の経過とともにシステムの存在自体が目的化する、といった...続きを読む
  • 未来に先回りする思考法
    非常に面白い。わくわくがとまらず、世の中の動きを感じることができる本。
    ITの目線で今後を予想している書籍は多いいと思うが、ITだけでなく、過去の人間の経済の状況や思想からいまの情報化社会を捉えている。ITだけでなく今後の世の中、人間がどうなるのかというのを線でつなぐことができる見方をしている。非常...続きを読む
  • 新世代CEOの本棚
    本人がその瞬間目の前にしている課題に対して、解を出せるのであればどんな本題だって良い。人は人に影響される。他人の一言かもしれないし、本かもしれないし、マンガかもしれないし。何も考えないバカなことかもしれない。