お金2.0 新しい経済のルールと生き方

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

作者名 :
通常価格 1,567円 (1,425円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【発売前重版決定!話題沸騰】
仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評論経済。
「新しい経済」を私たちはどう生きるか。
メタップス創業者が明かす、資本主義の先の世界。

〈資本主義を革命的に書き換える「お金2.0」とは何か〉
2.0のサービスは、概念そのものを作り出そうとするものが多いので、既存の金融知識が豊富な人ほど理解に苦しみます。あまりにも既存社会の常識とは違うので「今の経済」のメインストリームにいる人たちにとっては懐疑や不安の対象になりやすいといった特徴もあります。そして、それこそが全く新しいパラダイムであることの証でもあります。本書ではまずお金や経済の仕組みから、テクノロジーの進化によって生まれた「新しい経済」のカタチ、最後に私たちの生活がいかに変わるか、の順番に解体していきます。

第1章 お金の正体
・お金とは何か?・仮想通貨は鏡の世界?・膨大なデータから見えてきた「経済システム」の構造・経済とは「欲望のネットワーク」・人の手で経済は創れるか?・発展する「経済システム」の5つの要素・ビットコインに感じた「報酬設計」の秀逸さ・持続的に成長する組織の条件・「小米(シャオミ)」に学ぶ経済圏の作り方
・経済と脳の深い関係・自然の秩序に反したルールの危険性・ダ・ヴィンチには見えていた“ひとつの世界”…
第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ
・今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」・分散化する社会とシェアリングエコノミー・中国がリードするシェアの世界・国家を代替するトークンエコノミーの可能性・「自律分散」という次世代の成功モデル・AIとブロックチェーンによる無人ヘッジファンド・テクノロジーによって経済は「作る」対象に変わった…
第3章 価値主義とは何か?
・限界を露呈し始めた資本主義・資産経済の肥大化と金余り現象・資本主義から「価値主義」へ・「共感」や「感謝」などの内面的な「価値」の可視化と流通・「評価経済」の落とし穴・社会的な価値・ソーシャルキャピタルの可視化・ベーシックインカム普及後の「お金」・複数の経済圏に生きる安心感・タイムバンクとVALUの正体・デジタルネイティブからトークンネイティブへ・「価値主義」とは経済の民主化である…
第4章「お金」から解放される生き方
・人生の意義を持つことが「価値」になった世代・「儲かること」から「情熱を傾けられること」へ・人間の心は放っておくとすぐサビる・「お金」のためではなく「価値」を上げるために働く・枠組みの中での競争から「枠組み自体を作る競争」へ…
第5章 加速する人類の進化
・お金にならなかったテクノロジーに膨大なお金が流れ込む・電子国家の誕生:エストニア
・宗教と価値主義・「現実」も選ぶ時代へ・人類の経済圏は大気圏を突破する・「お金」は単なる「道具」である…

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
NewsPicks Book
電子版発売日
2017年11月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

書店員のおすすめ

お金の価値が変わる!2018年に読むべき1冊!
著者の佐藤航陽氏は時間を売買できるサービス「タイムバンク」を運営する株式会社メタップスの創業者。お金に苦労した少年時代の経験から、お金について自身がこれまでの人生で感じてきたすべてが語られている本作。
人間の仕事の大半がAI(人工知能)に取って代わり、ベーシックインカムが実現した世界ではもはやお金のために働く必要がなく、金から国が発行する紙幣に価値が代わっていったように、お金が個人の内面的な価値(感動、共感、熱狂、信頼etc)に代わるだろうと予測している。動画配信サービスに投稿するアイドルへの投げ銭、ソーシャルゲームの課金、クラウドソーシング、仮想通貨…すでにその兆候が現れ始めている今、非常に納得できた1冊でした。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    お金に対する考え方と価値の在り方について考えが変わった。資本主義経済から価値経済へ移行の最中にあるのもこの本を読んで納得感がある。

    以下、印象的な三文
    ・企業が定めた肩書きは、退職した場合はその価値は次の人に受け継がれ、その人の資産にはならない。仕事を通して独自のスキルや経験などを身につけていない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月13日

    改めて今読むと2017年の時点でメタバースにふれている視点は凄いと思います。
    改めて、2022年に読み直す価値ある一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月16日

    経済原理の理解は人間の欲望を理解する事から始まる。
    ブロックチェーン技術開発後から
    今の経済の流れを大まかに理解出来た。
    シェアエコノミー、トークンエコノミーを始めとする世の中の流れを感じながら、今後も動向を見守りたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月05日

    お金は目的ではなく手段であり価値を実現するためのツールであると言ういわば当たり前の事を再認識できた。資本主義ご急に変わることはないだろうご、ミレニアル世代の台頭とともに価値主義への転換が進んでいくというのはその通りだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    良い本!
    お金が入口だけど、常識を疑い続けること、本質に辿り着くための愚直な積み重ねの重要性まで学べる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月14日

    お金や経済についての認識を深めたい人にオススメの本。

    前半は資本主義経済のメタ的な理解(根本にあるシステムの提示)を、後半は価値主義という新たな考え方を説明している。

    SNSや仮想通貨などによってお金でカバーできないところの価値を拾い上げることができる、という発想は目から鱗だった。

    個人的には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月04日

    現代社会はお金に囚われている印象があったが、それはお金が本来の生まれた意義(物々交換するときの効率化)が資本主義の発展によって乖離していき、1人歩きした結果だと本を通じて感じた。
    そんな中で、今後テクノロジーの発展により資本主義から価値主義に変わるという見解は目からウロコな考えだった。お金の有用性の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月18日

    お金は単なる道具でしかない。
    これから先は、物事の価値の質が人を、社会を動かす物になる。自分にとって夢中になれるモノ、それを、自分を示す価値として磨き続け、それが誰かを満足させるものになれば持続的な良い物になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月28日

    「経済の民主化」など今起きつつあるパラダイムシフトがわかりやすく書かれていて面白かったし興味深かった。経済そのものの話というよりは社会学的なマクロの切り口で、かなり読みやすくスラスラ読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月26日

    今後の経済と価値主義について。

    お金の正体を暴き出し、テクノロジーによって変容するお金のカタチを明らかにする。
    お金を積み上げるだけの資本主義に限界が訪れ、今後は価値主義が台頭する。
    価値主義とは、人々の"感情"や"満足感"を生み出すもの、”時間"...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

NewsPicks Book の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング