成功ではなく、幸福について語ろう

成功ではなく、幸福について語ろう

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

成功と幸福を同一視しないことから始めよう。
アドラー哲学「嫌われる勇気」岸見一郎による幸福論の決定版
高校生へ語った伝説の講演「これからの人生をどう生きるか」も完全収録!

1章 成功と幸福
相談「人生への絶望感とどうつきあっていくべきでしょうか」
相談「住む場所から子どもの名前まで、妹に真似をされて困っています」等
「私の人生は回り道ばかりだった」
2章 自分の課題・他人の課題
「自分の価値は自分で決める」
相談「現在39歳・婚活中ですが男性に幻滅してしまいます」等
3章 喧嘩に勝たない・人の期待にこたえない
相談「やる気に溢れた職場で私だけ期待に応えられません」
相談「主人が会社を辞めたいと言います。」等
4章 今日を今日のためにだけ生きる
相談「母親の介護中。口だけ出す兄に困っています」等
5章 ただそこに、いてくれるだけでいい
「本当の幸福は摩擦の中にある」
相談「大切な人が重い病気にかかってしまいました」等

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2018年05月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

『嫌われる勇気』の岸見一郎氏による、アドラー哲学の幸福論。
「人生への絶望感とどうつきあっていくべきでしょうか」
「現在39歳・婚活中ですが男性に幻滅してしまいます」
「やる気に溢れた職場で私だけ期待に応えられません」
「母親の介護中。口だけ出す兄に困っています」
人生・結婚・仕事・介護など、読者からの様々な相談と、その回答がまとめられています。
文中で語られている、成功は過程であり幸福は存在であるという説明も印象的です。
同一視されがちだが、イコールではないと。
日々生きていく中で、ふと疑問に思うこと迷うことについて、一つの指針になってくれる作品。
新しい考え方を取り入れたいあなたにおすすめです。

    Posted by ブクログ 2019年04月13日

    もつれた糸がほぐれて、優しい気持ちになった。感情をもつれさせていたのは、他の誰でもない、先入観だらけの自分の思考パターンだったことにも気づく。

    成功と幸福は別物である、今は未来のリハーサルではない、など、心に染みることばの数々。

    年頃で悩み多き我が子や甥姪にも勧めたい本ではあるが、この本を読んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月07日

    「人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ」とアドラーは言います。自分と他人の課題を分け、幸福であることを問う。その勇気を持てる。

    「自分の価値を自分で決める」

    「今日という日を子どもと一緒に生きられるのであれば、それがもうすでに幸福だ」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月02日

    自分の課題は自分で決める…大人になるための最初の条件は「自分で決めなければならないことを自分で決められること」。

    評価と価値を、切り離して考える。成功イコール幸福ではない。成功は量的、幸福は質的。

    過去には戻れないという現実を受け入れ、今できることから始めるしかない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月29日

    読みやすかった。相談事に答える形で、三木清やアドラーのエッセンスを知ることができる。一見辛口だが、その厳しさこそがアドラーのいう「勇気」なのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月14日

    自分が幸福になる
    幸福になることで他人事も幸せに

    幸福感と幸福は違う
    薬使ったりお酒飲んで酩酊したりして気分が良くなるのは幸福ではなく幸福感
    そのときは良くても後でこれで良かったのだろうかと思うこと。

    良い学校に行って良い会社に入り裕福になることは幸福ではなく成功

    小さいときから親に愛されて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月17日

    自分の価値は自分で決める。
    評価と価値は切り離して考える。
    何かで評価され、それが良くない評価だったとしても、その人自身の価値が下がるわけではない。自惚れは良くないけど、自分は自分であるという絶対的価値がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月14日

    幸福は質的なもので、存在に関わる。成功は過程に関わり、幸福の手段。何かを達成しなくても、今このままで幸福であると気づいた瞬間に、人は幸福になる。

    体系的に記述するというより、Q&Aの回答や講演録、インタビューから、浮かび上がらせる。バックボーンは、三木清やアランたちの哲学思想。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月27日

    アドラー心理学の考えを日常により実践的に導入するにはどうすればいいのか?を考えるにあたって参考になればなと。

    本書では様々な相談に対して、筆者が回答する形式なので、相談者の身になって、もしくは相談の内容をこれまで自分が経験したことのある内容に置き換えて考えると非常に興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    最悪の時は脱したと思えているが、まだ心元気でなく鬱々としてしまうときがある。やはり岸見氏の言葉は心にしみる。
    成熟していく社会で、インターネットの登場により、誰もが成功出来るチャンスが有る社会。Webの情報でも成功者の情報をよく目にするが、出来ない自分のギャップも今の心の重さに繋がっているのだろうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月11日

    幸福は存在、成功は過程。何かを達成しなくても幸福になれる。
    見かけの因果律=本来因果関係がないのに、あるかのようにみなすこと。
    名誉心や野心は人生の最後にはまったく意味をなさない。
    挫折体験は、必要。空を飛ぶための空気抵抗のようなもの。
    課題を分離する。自分の課題だけに集中する。
    本は残る。

    人生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています