「斎藤孝」おすすめ作品一覧

「斎藤孝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/11/07更新

ユーザーレビュー

  • 現代語訳 学問のすすめ
    本書は、出版当初に一度読んだので今回再読となる。

    司馬遼太郎の「花神」を読んでいたときに、大村益次郎と同じく適塾で緒方洪庵に学んだ人物ではあるけれども、大村とは全く対極的な生き方をした福澤が描かれていたので、近いうちにもう一度この本を読んでみようと考えていた。

    福澤諭吉の「学問ノススメ」が当時の...続きを読む
  • 現代語訳 学問のすすめ
    【本の内容まとめ】
    「人は学ばなければなら智はない。智もないものは愚かな人である。」
    人間は何もしなければただ愚かなだけであり、人生とは思っている以上に何事もなく終わってしまう。


    【内容まとめ】
    1.人は学ばなければなら智はない。智もないものは愚かな人である。
    2.学問本来の趣旨は、ただ読書にあ...続きを読む
  • 現代語訳 学問のすすめ
    文明とは何か?
    自由とは何か?
    人権とは何か?
    法治国家に生きるということはどういうことか?
    我々は人間をどのように捉えるべきか?
    この本は古典でありながら、現代にも色褪せない学びを与えてくれる。
    「信じるよりも疑うことに真実は多い。」
    未だかつてないほど個々に創造性が求められる現代人としては、この...続きを読む
  • 現代語訳 学問のすすめ
    大学に入学する初めに読むべき本と感じた。実生活に役立つ学問を学べという指摘は現代にも通ずることであり、もっと早くに読みたかったと後悔した、という感想。
  • 現代語訳 学問のすすめ
    現代でも通ずる内容です。
    日本人として、一度は読むべき本ですね。
    現代語に訳されてあるので、高校生でも理解できるでしょう。
    40代の私が今読んでみて、
    もっと若いうちに読んで行動していれば、人生が違っていただろうなぁ…
    と少し後悔を感じました。