福澤諭吉の一覧

「福澤諭吉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/02/26更新

ユーザーレビュー

  • 現代語訳 学問のすすめ
    タイトル通り「勉強しなくては!」と思わせてるれる本だった。
    特に有名な一文である「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の一連は誰もが共感できると思うし、何となくで生きてきた自分にとってはハッとさせられるものがあった。
    ここを読むだけでもこの本の価値があるのではと思う。
  • 現代語訳 学問のすすめ
    明治維新後の日本国民の向学心を滾らせた名著。
    この本が無ければ日本の近代化はなかったのでは無いかと思うほど、現代に生きる私にとっても得るものが多かった。
    直接的でわかりやすい内容、訳でスラスラ読むことが出来た。
  • 現代語訳 学問のすすめ
    どう生きるべきかの具体的know howでは無く
    その前の、心作りの書であった。
    もう100年前の書だが しっかり啓蒙の書だと思う。
    付箋をいっぱい貼ってしまう。
  • 現代語訳 福翁自伝
    とても面白く一気に読めた。福沢諭吉の封建的な考えに囚われることなく、自由奔放・清廉潔白に育った性格と、東洋学問ではなく、数理・事実に基づく西洋学問の将来性を見抜く先見性という、福沢諭吉の卓越した個人的資質に思わず目がいきがちだが、その自由な発想を理解し後押しした母・お順、そして規律と自由が調和した校...続きを読む
  • 現代語訳 学問のすすめ
    自身が某大学の卒業生に関わらず読んだことが無かったため、この機会に読んでみた。

    一言で言うと、独立自尊の志を持つべしといった内容。学問のすすめという題名なので学問の重要性を説いた本だと勝手に思っていたが、まず独立の気概をもつ事が重要で、そのために学問を修めるべきといった流れにつながっているように感...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!