「瀬川拓郎」おすすめ作品一覧

「瀬川拓郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/24更新

ユーザーレビュー

  • 縄文の思想
    この本では、あわゆる縄文時代に日本列島のほぼ全域に住んでいた人びとを縄文人と呼んでいますが、その縄文人の核ゲノムの解読によれば、かれらはアフリカ、ヨーロッパ、東ユーラシア(中国、日本、ベトナムなど)の人びとのいずれにも属さない、孤立的な遺伝子的特徴がある、現生人類のなかでも古層の集団なのだそうです。...続きを読む
  • 縄文の思想
    考古学者が、縄文人の生き方を律した思想、あるいはかれらの他界観や世界観といった、生々しい観念の世界に新たな発想・アプローチの仕方で、われわれ日本人の鬱なる「縄文性」に迫った著作です。
    その方法ですが、芸術的な感性などではなく、考古学と神話から具体的な資料にもとづいて縄文の思想を明らかにしたのです。
    ...続きを読む
  • 縄文の思想
    縄文時代から現代に至るアイヌと日本の海民との神話的連続性を、微に入り細に入り読み解いた労作。
    私も大学の卒論で同じテーマを考えたことがありましたが、伝承が共通していることを同起源の証拠とするわけにはいかない難しさがあるだけに、慎重に冒険する立場が必要ですし、これはその基準をクリアしていると思います。
  • アイヌと縄文 ――もうひとつの日本の歴史
    おもしろい!
    サブタイトルの通り、「もうひとつの日本の歴史」が鮮やかに描かれている。
    ひとつひとつ実例を混じえ論理を積み重ねていきつつ、
    全体としてとてもダイナミックな構成となっている。
    古代から中世にかけて日本にに数々の民族が存在したことを、
    恥ずかしながらよく知らなかった。
    彼らの文化、言語、D...続きを読む
  • アイヌと縄文 ――もうひとつの日本の歴史
    アイヌと縄文 瀬川拓郎 ちくま

    同じ縄文人を祖先に持つからと言って
    2千年以上も異なる歴史を歩んできた私たちは
    互いに補い合う精神的な文化を選んだアイヌと
    権利を主張し合い知識による文明を目指す弥生文化を選んだ本土人を
    同一視することはできない

    しかし現代の日本人として縄文的精神文化を振り返り...続きを読む