「苅谷剛彦」おすすめ作品一覧

「苅谷剛彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 学力と階層
    この本の逸脱な所は、統計調査から精緻な分析を行い、
    そこから導きだされたファクトを世に知らしめたことです。

    この本の前半から中盤部分では、統計分析から、日本は既に「階層化」していると喝破し、
    「親の学歴は、子の学歴や学習へのやる気」に多大な影響を与えているとしています。
    出版されて、だいぶ経ちます...続きを読む
  • オックスフォードからの警鐘 グローバル化時代の大学論
    スーパーグローバル大学を切り口にした大学改革政策の批判と、イギリスにおける高等教育政策の対比が描かれる。最終的にはグローバル化ではなく、内部の参照点を重視した地道な大学の改善政策が望ましいとの指摘。 それこそ、中教審の将来構想部会とか苅谷先生にメンバーとして参画してもらいたいところ。
  • オックスフォードからの警鐘 グローバル化時代の大学論
    苅谷先生らしく、データを駆使して、この国の高等教育改革の「中身の薄さ」について警鐘を鳴らしている。アクティブラーニングはよいけれど、受講すべき授業が多すぎるとのご指摘はそのとおりです。
  • なぜ教育論争は不毛なのか 学力論争を超えて
    刈谷先生の著書は教育問題を勉強する際に、何をおいても読むべきと考えている。
    当時は、東大の教授をされており、文科省とは切っても切れない関係であったであろうことは想像に難くない。
    しかし、例のゆとり教育論争では、文科省を正しい方向へ導く力にはあまりなれなかったようである。
    学者らしく、きちんと論議を分...続きを読む
  • グローバル化時代の大学論1 - アメリカの大学・ニッポンの大学 - TA、シラバス、授業評価
    1992年に書かれた日米の高校・大学教育比較についての本を2012年に新書化したもの。20年間の経過による補足もある。