海外名門大学から見た日本 オックスフォード、ハーバード、そして日本研究

海外名門大学から見た日本 オックスフォード、ハーバード、そして日本研究

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

(目次より)
・「日本研究」の本場は日本ではない(松田宏一郎立教大学教授)
・「蹴られない東大」を実現する方法(吉見俊哉東京大学大学院情報学環教授)
・発信力を高めるために何が必要か(グレン・S・フクシマ米国先端政策研究所上級研究員)
・日本研究の二つの潮流(ケント・E・カルダー ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院副学長)
・オックスフォードから見た「日本」という問題(苅谷剛彦オックスフォード大学教授)
※『中央公論』2019年3月号、2017年9月号に掲載した記事を電子化しました。

...続きを読む

海外名門大学から見た日本 オックスフォード、ハーバード、そして日本研究 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / レビューを書く

レビューがありません。

海外名門大学から見た日本 オックスフォード、ハーバード、そして日本研究 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

中央公論 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング

作者のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す