「わかる」とはどういうことか ――認識の脳科学

「わかる」とはどういうことか ――認識の脳科学

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人は、どんなときに「あ、わかった」「わけがわからない」「腑に落ちた!」などと感じるのだろうか。また「わかった」途端に快感が生じたりする。そのとき、脳ではなにが起こっているのか―脳の高次機能障害の臨床医である著者が、自身の経験(心像・知識・記憶)を総動員して、ヒトの認識のメカニズムを解き明かす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

「わかる」とはどういうことか ――認識の脳科学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年05月11日

    知覚のもっとも重要な働きは、対象を区別すること。
    違いがわかるという能力が、知覚の基本。
    わかるとは分かつと書き、分かるの基礎は区別。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月17日

    2013年08月 06/46
    あきらかに読んでいたのに登録しておらず、今回読みなおして再登録。
    モノ、コト、ヒトと出会い、好奇心を持った時、人はその対象をわかろうとします。
    平易な言葉で「わかる」ことの仕組みを解説し、「わかる」状態を定義しており、「わかる」とはどういことか、より「わかる」ためにどう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月04日

    いわゆる「目からウロコ」というタイプの知識ではありませんが、深い見識と分析により記憶と理解の関係が体系的に示されています。

    例の示し方が秀逸で、理解を助けるだけではなく、読者である自分がまさに「出来事の記憶」、「意味の記憶」を構築する過程を体感させてくれるように感じました。

    「わかる」ということ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月06日

    困ったことがあると誰かなんとかしてくれるって思ってることが、わかるをそれまでにしてしまってることって日常生活ですらいっぱいあるなと改めて感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    例えが多く読みやすい文章だった。
    わかると心に秩序が生まれるため、人はわかりたいと願う。

    特に印象に残った点を2つ書くと、
    「わからない」ことに気づく
    自分から自発的にわからないことをはっきりさせ、それを自分で解決してゆかない限り、自分の能力にはならない。
    わからないことをはっきりさせるには応用す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

     なにかを理解しようとしても、わからない理解できない。
     そもそも自分がなにがわからないのかもわからない。
     「わかる」とは一体なんなのか、どうしたら「わかる」のか
     
     そんな経験のある人にはいい本かもしれない
     著者は脳に障害を生じて、認知機能をきたした人の診断治療リハビリの先生であり神経内科の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    普段何気なく分かったと感じていることは、過去の経験による記憶がつなぎ合わさって心像が生成されていること。何事も理解するにはそれなりの知識が必要

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月11日

    ☆☆☆☆
    この本を読みながら常に頭に置かれていたのは【心像】と言うイメージです。記憶するにも、感じるにも自分の内部に存在するこの心像という器という自分の外に想像した心像という器に、砂を注いで満たしていくそんなイメージで読み続けました。
    ・「知識の網の目のお話し」は『天網恢々疎にして漏らさず』という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月08日

    前半部分はやや読みにくく、途中で中断、積読になっていたのを再開し、一気に最後まで読み進めた。後半はとても読みやすく、役立つ内容が多かった。
    特に、「何かの価値を判断しようとすると、比較が必要だ」という点は、あらゆる勉強方法の指針になると思う。いずれにせよ、自分から自発的にわからないことをはっきりさせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月26日

    自分が考えていること・思考,それ自体についてまじめに考えたことがある人などそういないだろう.

    何かを「わかる」にもいろいろな程度・段階・側面などいろいろとあるようだ.ものの見方・考え方にもさまざまな観点があるように,「わかること」にもいろいろな観点がある.


    個人的な感想として,
    自分では難しい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくま新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング